『TOO YOUNG TOO DIE! 若くして死ぬ』(2月6日公開)

映画、ドラマの脚本にミュージシャンと多方面で活躍する宮藤官九郎監督の新作映画は、地獄が舞台。若くして事故死した17歳の高校生(神木隆之介)が、輪廻転生を繰り返しながら、自身の人生(青春)を取り戻そうとする物語。地獄生活を指南するのは赤鬼キラーK(長瀬智也)。宮藤監督でないと作れない、地獄と現世を行ったり来たりの青春ストーリー。個性極まるキャラが地獄をいいことに大暴れ。楽しくてちょっと切なさもある傑作です。

(c) 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

出典: 映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』公式サイト

『エヴェレスト 神々の山嶺』(3月12日公開)

映像化不可能と言われてきた夢枕獏原作「神々の山嶺」を『愛を乞う人』の平山秀幸監督が映画化。ひとつのカメラに込められたストーリーには天才クライマー羽生(阿部寛)がおり、その羽生の行方を追うカメラマン深町(岡田准一)がいた……。エヴェレストロケなど迫力の映像とミステリアスなストーリーでグイグイと見る者を引きつける大作! ぜひ大スクリーンで見たい映画です。

(C)2016『エヴェレスト 神々の山嶺』製作委員会

出典: 映画『エヴェレスト 神々の山嶺』公式サイト 岡田准一主演。世界的大ベストセラー映画化!

『ちはやふる』(3月19日公開)

競技かるたに青春を懸ける少年少女たちの姿を描いた、末次由紀原作の同名人気漫画の映画化。ヒロインは広瀬すず、幼なじみの男子二人は野村周平と真剣佑(千葉真一の息子)。若い美男美女が和服で百人一首ってだけで、フレッシュ&まぶしい! スクリーンに爽やかな風が吹きそうです。『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の小泉徳宏監督作で、前編「上の句」、後編「下の句」と前後編作品。下の句は4月19日公開です。

(C) 2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社

出典: 映画『ちはやふる』公式サイト

『リップヴァンウィンクルの花嫁』(3月26日公開)

『Love Letter』、『スワロウテイル』、『花とアリス』などで、映画好きの間で熱狂的なファンを持つ岩井俊二監督の最新作。派遣で働くヒロイン(黒木華)が、風変りなアルバイトを斡旋され、そこで知り合ったメイド仲間(Cocco)との交流を描く。共演は綾野剛、りりィなど。岩井監督がじっくり時間をかけて紡ぎだした物語です。新しい岩井俊二の世界をスクリーンで堪能してください。

(c)RVWフィルムパートナーズ

出典: 映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』公式サイト

『あやしい彼女』(4月1日公開)

韓国のヒット映画『怪しい彼女』を多部未華子主演でリメイクしました。おばあちゃん(倍賞美津子)がある日、20才の若い姿に!かつて理想の青春を送れなかった彼女は、名前も変えて節子(多部未華子)として人生を再スタートするけれど~という物語。節子が歌手を目指すという設定のため、歌謡曲満載で昔懐かし気持ちも味わえて、様々な年代の人が楽しめる作品になっています。演出は『謝罪の王様』の水田伸生監督。

(C)2016「あやカノ」製作委員会 (C)2014CJ E&M CORPORATION

出典: 映画『あやしい彼女』公式サイト

『アイ アム ア ヒーロー』(4月23日公開)

花沢健吾の同名人気コミックを大泉洋主演で映画化。謎の生命体に襲われた日本を舞台に、英雄(大泉洋)は生き残るためにサバイバルすることを余儀なくされるのです。パニック映画であり、冴えないひとりの男がヒーローになれるか否かの人生を描いた作品でもあります。共演は長澤まさみ、有村架純など。日本公開前にスペインの映画祭で観客賞と最優秀特殊効果賞を受賞した話題作です。『GANTZ』の佐藤信介監督作。

(C)2016映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 
(C)2009花沢健吾/小学館

出典: 映画『アイアムアヒーロー』公式サイト

『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』(GW公開予定)

狂言師・野村萬斎が初めて平成男を演じると話題の本作は、元お笑いコンビが難事件に挑むミステリー。野村が演じるのは、残留思念(物や場所に残る記憶や感情を読み取る力)という特殊能力を持つ男。相方を演じるのは宮迫博之(雨上がり決死隊)。共演は関ジャニ∞の安田章大、木村文乃など。脚本を人気ドラマ「リーガル・ハイ」や映画「ALWAYS三丁目の夕日」の古沢良太が執筆。演出は『デスノート』の金子修介監督です。

(C)2016「スキャナー」製作委員会

出典: 映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』公式サイト 2016.GW 全国ロードショー

『殿、利息でござる!』(5月14日公開)

重い年貢を何とかしようと思いついたアイデア。それは殿に大金を貸し付け、利息を巻き上げるという大作戦。庶民が知恵を駆使して年貢を取り戻そうとする実話の映画化です。主演は阿部サダヲ、共演は瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平など、オールスターキャスト。『武士の家計簿』の磯田道史の著作「無私の日本人」を中村義洋監督が映画化。楽しい銭バトル時代劇です。

(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

出典: 『殿、利息でござる!』2016年5月14日公開

『海よりもまだ深く』(5月21日公開)

是枝裕和監督の最新作が登場。小説家を目指すものの芽が出ず、生活の為に探偵事務所に勤める主人公に阿部寛、その母親を樹木希林が演じます。主人公の別れた妻役は真木よう子、ほか池松壮亮、リリー・フランキー、小林聡美など演技派の人気俳優がズラリ揃いました。監督がかつて暮らしていた清瀬の団地でロケをするなど、是枝監督の想いがつまった作品です。

(c)2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ

出典: 映画『海よりもまだ深く』 | TOP

『植物図鑑』(6月4日公開)

有川浩原作の同名恋愛小説を映画化。主演は三代目J Soul Brothersの岩田剛典。ヒロインは人気上昇中で、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主演に決まった高畑充希。行き倒れの青年と半年の期限付き同居を始めたヒロイン。彼は何者? というミステリーと甘酸っぱく爽やかな恋がスクリーンいっぱいに広がるピュアなラブストーリーです。ステージでは激しいパフォーマンスで魅了する岩田の新たな魅力はファンを増やしそう!

(c)2016「植物図鑑」製作委員会

出典: 映画『植物図鑑』公式サイト

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項