玄米食の効果って?

糖尿病の予防や症状軽減に効果的

高脂肪食や肥満が原因で発症することが多い、Ⅱ型糖尿病。近年、玄米に含まれる「γオリザノール」には、高脂肪食を食べたい気持ちを抑える効果や、血糖降下作用があることが判明しました。つまり玄米は、糖尿病の予防や症状軽減に有効と考えられるのです。

出典: 玄米成分が高脂肪食への欲求にブレーキ [食と健康] All About

美肌を作る!

細胞の再生を促すとされ、口内炎や肌荒れを軽減するサプリメントにもよく配合されているビタミンB群。玄米にはこのビタミンB群が豊富なので、美肌づくりに効果的です。

出典: コラーゲン+ボタニカルで肌ツヤツヤ!ブランチレシピ - キレイのためのコラーゲン特集 | キレイを導くコラーゲン。上手な摂り方や体の中から美しくなるコツ - AllAbout

ダイエット中は玄米食がぴったり

ダイエット中は空腹感と戦わなくてはならない?そんなことはありません。腹持ちが良い玄米を中心にした食事にすれば、おやつに手が伸びることもなく、無理なくダイエットが進みます。

出典: ダイエット中なら、腹持ちの良い「玄米」がおすすめ! [食事ダイエット] All About

体質を改善して、妊娠できる可能性をアップ!

玄米は炭水化物、ビタミン、ミネラル、タンパク質などいろいろな栄養素が含まれた完全栄養食品。さらに、「生殖ビタミン」といわれるビタミンEを豊富に含みます。妊娠を希望している人は毎日の食事を白米から玄米に変えてみては?

出典: 不妊.はりきゅう.東京.不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂 │ 玄米で卵巣若返り

玄米食にはデメリットも……こんなことには要注意!

なるべく農薬の少ないものを

米の場合、残留農薬の約80%はぬかの部分に認められるそうです。精製された白米では削り落とされていますが、玄米はこの部分がしっかり残っています。炊く前に良く洗うか、できれば減農薬・無農薬栽培の玄米を選びましょう。

出典: 2/2 玄米食のメリット・デメリット [みんなの投稿レシピ] All About

よーく噛んで胃腸をサポート

玄米は硬く、消化が良くないのが難点。胃腸の負担を軽くするためにも、食べるときはしっかり噛んでください。よく噛むことは、玄米の優れた栄養をきちんと取り込む手助けにもなります。調理前の段階で、浸水を十分行うこともお忘れなく。

出典: 白米VS玄米・雑穀米!美肌のためのお米選び [美容食・インナービューティー] All About

毒素排出作用が逆効果!?フィンチ酸の摂りすぎに注意!

玄米には「フィチン酸」という物質も含まれていて、フィンチ酸には毒素排出を促す効果、ガン予防効果があると言われています。ただ、フィンチ酸は有用なミネラルまで一緒に排出してしまうことも。あまり食べ過ぎると、いくら玄米自体の栄養価が高くてもミネラル不足になってしまいます。玄米食は1日1食にするなどほどほどに。

出典: 2/3 玄米成分が高脂肪食への欲求にブレーキ [食と健康] All About