原則は一室多灯

ダウンライトやペンダントライト、スタンドなど、低ワット数のさまざまな照明器具を室内に分散させて配置する照明方式です。食事や読書、ホームシアターなど、生活シーンに合わせて照明の組合わせを自由に変えることができるので、暮らしに最適な光環境を容易に創造することができます。

リンク: プロがすすめるLEDアドバイス - 一般社団法人 日本照明工業会

主照明とは?

主照明①シーリングライト

最も一般的な主照明の一つ。天井に直に付ける形で部屋全体を照らす効果があります。

出典: LED木製シーリングライト・調光調色機能付・ナチュラル 型番:GH15708CK | 無印良品ネットストア

主照明②ペンダントライト

コードなどを使用し、天上から吊るすタイプの器具。ダイニングルームなどでよく使われますね。

出典: ペンダントライト半球・M/シェード・コード・フランジ:ブラック 型番:MJ‐PH35A‐BK | 無印良品ネットストア

主照明③ダウンライト

天井に埋め込むタイプの照明。シンプルなお部屋や天井が低めのお部屋に最適です。主照明だけでなく、補助照明としても利用できます。

出典: ヨドバシ.com - パナソニック PANASONIC NNN61514W [ダウンライト]【無料配達】

補助照明とは?

補助照明①スポットライト

天井や壁などに設置して特定の対象物を集中して照らす照明器具のことを指します。主照明が明るすぎる場合この印象が薄れてしまう為、ある程度暗めのお部屋にオススメです。

出典: システムライト用LEDスポットライト・ホワイト・小 型番:MJ1217 | 無印良品ネットストア

補助照明②ブラケットライト

主に壁面に取り付ける照明器具で、壁面の上下どちらかもしくは両方を照らします。
例えば、玄関やお部屋の入り口などから遠い位置に設置すると、部屋に奥行き感が生まれ広く見せることができます。

出典: レトロ ブラケットライト ブラック ナチュラル雑貨のオルネ ナチュラルテイストな生活雑貨、キッチン雑貨、文具雑貨、ガーデニング雑貨、服飾雑貨などをご紹介する通販サイトです。

補助照明③フロアライト・スタンド

お部屋のオブジェとしてのインテリア効果が高い補助照明。シーリングライトやペンダントライトと一緒に置くと空間にメリハリが出ます。

出典: ÅRSTID フロアランプ - IKEA

蛍光灯と白熱灯の使い分けについて

蛍光灯(インバーター)は約4分の1の消費電力で、白熱灯と同じ明るさを得られます。つまり、その分、ランニングコストが安くすみます。しかも、ランプの寿命は白熱灯よりも5倍も長いのです。ならば、家中の照明を蛍光灯にしてしまえば良いかと言うと、決してそうではありません。

リンク: 照明の明るさと部屋の広さ・蛍光灯or白熱灯

蛍光灯は点灯してから、明るさが安定するまで1分ぐらい掛かります。点灯した当初は、本来の明るさの7~8割程度しかありません。ですから、トイレのような、比較的短い時間しか点灯しない場所には、白熱灯が向いています。

リンク: 照明の明るさと部屋の広さ・蛍光灯or白熱灯

住宅は基本的に電球色

基本的にはお好みで選ばれたら良いのですが、私、インテリアコーディネーターの立場としては、住宅は基本的にリラックスできる演出をするためにも、電球色をお奨めします。
ただ、子供部屋などは、昼白色ぐらいにした方が、勉強の効率が上がって良いかも知れません。また、お年寄りは、電球色だとひじょうに暗く感じるようです。お年寄りのお部屋には白色が良いかも知れません。

リンク: 照明の明るさと部屋の広さ・蛍光灯or白熱灯

一つの空間は1色で統一

LDKが仕切られずに、一体となった空間のような場合、キッチンとダイニングの空間は昼白色で、リビングの部分だけ電球色‥‥などというように違う光の色があると、ひじょうにチグハグな感じになってしまうので注意しましょう。

リンク: 照明の明るさと部屋の広さ・蛍光灯or白熱灯

やはり、一番気になるのがデザイン

インテリアとしての昼の顔はもちろん、照明器具としての夜の顔も要チェックです。というのも照明はシェードの形や向き、スリットの入り具合といったデザインによって、照らすことのできる光の範囲が変わるからです。つまり、デザインによって使用場所の向き不向きが決まるというわけ。照明を選ぶときはまずどこで使うのかを考え、光の範囲をしっかり確認することが大切です。

リンク: 照明の上手な選び方| ACTUS(アクタス) インテリア・家具・ソファ・チェア・テーブル・ギフト

どうしても悩んでしまったら「インテリア相談会」に行ってみよう!

インテリアショップ各所の専任アドバイザーが、あなたの様々なお悩みを解決してくれます。タイプの違った照明の組み合わせ方や、持っている家具と照明のバランス等々、一度相談してみてはいかがでしょうか?

出典: インテリア相談会 | 無印良品