鎌倉の交通規制・混雑状況

2017年の鎌倉初詣交通規制のお知らせ

年末年始の鎌倉は大変混雑するため、鎌倉駅周辺を中心に、市内の広い範囲で車両通行止めなどの交通規制を実施します。規制期間中は、市内中心部への車の乗り入れはできませんので、電車やバス等の公共交通機関をご利用ください。

出典: 鎌倉の年末年始の交通規制・混雑・交通に関する情報 - All About NEWS

初詣

鶴岡八幡宮 お正月境内のご案内

鎌倉で初詣といえば、鶴岡八幡宮。正月三が日には、およそ250万人の方々が初詣し、全国有数の人出となります。そのため、境内への入場規制がかかります。正月は「神苑ぼたん庭園」で、大輪の冬牡丹が花を咲かせているので、ぜひご覧になってください!

出典: 鶴岡八幡宮

鎌倉・江の島七福神めぐり

お正月にめぐりたい「鎌倉・江ノ島七福神めぐり」

七福神は、不老長寿、商売繁盛、裕福・財宝など、大変ありがたいご利益があるとされるので、お正月にめぐる人が多いようです。「鎌倉・江ノ島七福神めぐり」は、弁財天が2ヶ所あるので、8ヶ所めぐりです。色紙か御朱印帳を購入して、御朱印をいただきながらめぐってみましょう。

出典: お正月に楽しみたい 鎌倉・江ノ島七福神めぐり [鎌倉・江ノ島の観光・旅行] All About

正月(1月)に行われる行事

初えびす・本えびす(本覚寺)

境内に夷(えびす)神をまつる本覚寺では、正月三が日に「初えびす」、10日に「本えびす」が開かれ、美しく着飾った福娘たちによって、縁起物が販売されます。(写真:鎌倉市観光協会)

出典: 冬の鎌倉旅!絶景・花・イベントなど厳選4プラン [鎌倉・江ノ島の観光・旅行] All About

初天神・筆供養(荏柄天神社)

天満宮(天神様)では、祭神である菅原道真の誕生日が3月25日、命日が6月25日であることから、毎月25日を例祭とし、とくに1月25日を「初天神」または「始め天神」と呼びます。鎌倉の荏柄(えがら)天神では、同日、古筆や鉛筆を燃やし、学力向上と文字上達を祈願する「筆供養」が行われます。

出典: 鎌倉紀行|天園コース 荏柄天神社

お守りガイド(ご利益別)

【恋愛運・縁結び】葛原岡神社の『さくら貝御守』

『さくら貝御守』は、鎌倉の由比ヶ浜海岸で採れる、淡いピンク色のさくら貝でつくった美しいお守り。必ずしも恋愛だけでなく、仕事上のご縁や良い友人とのめぐりあいなど、人生における様々な「ご縁」にもご利益があるそうです。

出典: ぜったい開運! ご利益別 鎌倉のお守り [鎌倉・江ノ島の観光・旅行] All About

【恋愛運・縁結び】成就院の『縁結び守り』

成就院本尊の不動明王は、縁結びのご利益があるとされ、巻物の形をした『縁結び守り』が人気。成就院というお寺の名前も、願い事が成就しそうでいいですよね。

出典: ---お守り・朱印・護摩祈願--- 鎌倉 成就院 公式ホームページ

【出世・仕事運】佐助稲荷の『狐根付』

出世や仕事運アップを目指す人は、佐助稲荷神社へ。この神社の神様の導きで、源頼朝は征夷大将軍まで出世したとの言い伝えがあります。稲荷神の使いであるキツネをモチーフにしたストラップ型のお守り『狐根付』が人気です。

出典: 鎌倉紀行|大仏コース 佐助稲荷神社

【金運】銭洗弁財天の『御宝銭』、『おたから小判』

境内に湧く泉の水でお金を洗うと何倍にも増えるといわれるため、多くの参詣者でいつもにぎわう銭洗弁財天。この神社の財宝の形をしたお守りを財布の中に入れておくと、お金に困ることがないそうです。

出典: 3/5 ぜったい開運! ご利益別 鎌倉のお守り [鎌倉・江ノ島の観光・旅行] All About

【開運】長谷寺の『スイカ守』

イチゴやテントウ虫のお守りなど、とてもユニークなお守りが多い長谷寺。それぞれのお守りには、込められた意味があるそうです。スイカのお守りはというと、「スイスイ開運」するという願いが込められているそうですよ。

出典: 授与物 | 鎌倉 長谷寺

【招福】鶴岡八幡宮の『鳩鈴守』

鶴岡八幡宮の境内にはたくさんの鳩がいます。鳩は八幡神の使いとされるため、大事にされているそうです。鶴岡八幡宮の『鳩鈴守』という鳩の形をしたお守りは、白、金、銀の3色があります。

出典: 2017年初詣に!鎌倉・江の島の幸せを呼ぶお守り5選 [鎌倉・江ノ島の観光・旅行] All About

【招福】建長寺の『巨福(大きな幸福)守』

鎌倉を代表するお寺といえば建長寺。建長寺で手に入れたいのが、『巨福(大きな幸福)守』(写真左)。建長寺の山号「巨福山(こふくさん)」にあやかり、新しい年に、大きな幸福を授かりたいですね!

出典: 2017年初詣に!鎌倉・江の島の幸せを呼ぶお守り5選 [鎌倉・江ノ島の観光・旅行] All About

【厄除】鎌倉宮の『獅子頭守』

獅子頭は古くから「厄(悪いもの)を食べ、幸せを招く」と言われているそうです。家の玄関のほか、「身代わり」の意味もあるので、自動車の運転席などにおまつりしてもよいそうです。

出典: 鎌倉宮の獅子頭守 - 鎌倉宮(大塔宮)

【愛・健・財・学・福】本覚寺の『にぎり福』

鎌倉のお守りの中でちょっと変わっているのが、本覚寺の『にぎり福』。粘土でできた小さなお守りで、一日一回、掌(てのひら)でギュッと握ることでご利益があるのだそうです。

出典: 鎌倉紀行|祇園山コース 本覚寺