いまから公開が待ち遠しい話題作、注目作がズラリ!

『ブリッジ・オブ・スパイ』(2016年1月8日公開)

米ソ冷戦時代に、実際に行われたスパイの交換を描いたスティーブン・スピルバーグ監督の新作。スパイ交換の交渉人の重責を担うのは保険関連の弁護士のドノヴァン(トム・ハンクス)。交渉の緊張感に加え、スパイとドノヴァンの友情に感動も。役者、スタッフ、超一流の仕事を堪能できる傑作サスペンス映画。
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.

出典: 映画『ブリッジ・オブ・スパイ』オフィシャルサイト 2016年1月8日(金)TOHOシネマズスカラ座他全国ロードショー

『ブラック・スキャンダル』(2016年1月30日公開)

同じ街で生まれて育った男たちはそれぞれFBI捜査官(ジョエル・エドガートン)、政治家(ベネディクト・カンバーバッチ)ギャング(ジョニ・デップ)と生きる道が分かれていく。しかし、FBI捜査官がギャングの幼なじみに歩み寄ったことがきっかけで、3人の関係に歪みが生じてくる……という実際にあった汚職事件の映画化。
(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., CCP BLACK MASS FILM HOLDINGS, LLC, RATPAC ENTERTAINMENT, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

出典: 映画『ブラック・スキャンダル』公式サイト

『オデッセイ』(2016年2月5日公開)

地球から2億キロ以上離れた火星で、宇宙飛行士(マット・デイモン)はたったひとりで、生き延びるためにすべきことを模索し、そして実行に移した! 名匠リドリー・スコット監督が新人作家のSF小説を映画化。孤独に打ち勝つアイデアとユーモアに彩られたSFサスペンスの快作。
© 2015 Twentieth Century Fox Film

出典: 映画『オデッセイ』オフィシャルサイト

『キャロル』(2016年2月11日公開)

高級デパートで働くテレーズ(ルーニー・マーラー)が憧れるキャロル(ケイト・ブランシェット)。親密になっていく二人の関係を描いたパトリシア・ハイスミス原作の愛の物語。美しい演技派の女優二人にうっとり。衣裳や美術にも目を奪われる美麗映画。『エデンより彼方に』のトッド・ヘインズ監督作。
(C)NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED

出典: 映画『キャロル』公式サイト

『スティーブ・ジョブズ』(2016年2月12日公開)

アップルの創立者スティーブ・ジョブズの人生を『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞監督賞を受賞したダニー・ボイルが映画化。ジョブズを演じるのはマイケル・ファスベンダー。顔はジョブズに似てないような気がするのですが、ジョブズの魂を熱演していると評判です。
(C)Universal Pictures  (C)Francois Duhamel

出典: 映画『スティーブ・ジョブズ』公式サイト 2.12 FRI

『ヘイトフル・エイト』(2016年2月27日公開)

雪の中、ロッジに閉じ込められた男女8名。そこで起こる殺人事件、嘘や疑惑が渦巻いて、やがて驚くべき真相へ……というクエンティン・タランティーノ監督のブラックな笑いとアクションも満載のミステリー映画。サミュエル・L・ジャクソン、ジェニファー・ジェイソン・リーなどキャストもクセモノ揃いです。
(C) MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.

出典: 映画『ヘイトフル・エイト』 公式サイト TOP

『リリーのすべて』(2016年3月18日公開)

画家夫婦のアイナー(エディ・レッドメイン)とゲルダ(アリシア・ヴィキャンベル)。アイナーはゲルダに頼まれて女装をして肖像画のモデルになったことをきっかけに自身の隠された性に気付く……というトランスジェンダ―を描いた物語。『英国王のスピーチ』でアカデミー賞を受賞したトム・フーパー監督の感動作です。
(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

出典: 映画『リリーのすべて』公式サイト 2016.3.18[FRI] ROADSHOW

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年3月25日公開)

正義のために闘ってきたバットマンとスーパーマンが敵対する? アメリカが生んだ二大ヒーローが激突するという、同じヒーロー共演でも『アベンジャーズ』とは違ってダークな世界が展開していきそう。『マン・オブ・スティール』のザック・スナイダー監督作ゆえに破壊的な壮絶アクションを期待。ちなみにバットマンはクリスチャン・ベールからベン・アフレックにバトンタッチ。
© 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

出典: 映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』オフィシャルサイト

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2016年3月公開)

リーマンショックを予測した金融トレーダー(クリスチャン・ベール)ら4人の金融界の男たちが、ウォール街を出し抜こうと画策をする真実の映画化。4人が変人ゆえにコミカルでハイテンションなシーンが見られそう。共演はスティーブ・カレル、ライアン・ゴスリング、ブラット・ピットほか。『アントマン』の脚本化アダム・マッケイ監督作。
(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. 

出典: 映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 公式サイト 2016年3月

『レヴェナント: 蘇えりし者』(2016年4月公開)

仲間に裏切られ最愛の息子の命を奪われたヒュー(レオナリド・ディカプリオ)が、心身ともに傷つきながらも立ち上がり、復讐に燃える姿を描いたアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督作。雪原の中、自然光のみを使用した撮影そのものがサバイバルのよう。ディカプリオの演技が全米賞レースを席巻。怒りと憎しみを悲しみに包んだ作品。
© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

出典: 映画『レヴェナント:蘇えりし者』オフィシャルサイト

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項