そもそも「漆喰」とは?

消石灰を主たる固化材とし、建築物の内外装又は天井等を鏝塗りなどによって仕上げる材料である。

リンク: 日本漆喰協会|漆喰の定義

機能性抜群な漆喰のメリット


・VOC(揮発性有機化合物)の吸着・分解
・パターンや色によって、洋風から和風、さまざまなデザインが可能
・呼吸する壁といわれている通り、湿度を調湿してくれる
・家の中の嫌な臭いをとってくれる(脱臭効果)
・燃えないので火事に強い
・漆喰内部は強アルカリ性のためカビにくい(部屋内のウイルスも生きにくい)
・耐インフルエンザ性
・音が通りにくい(防音性)

リンク: 漆喰のいい点と悪い点(メリットとデメリット) | お部屋を漆喰や珪藻土で自然素材リフォーム

漆喰の数少ないデメリット


・ひっかくとキズが入ることがある(これはビニールクロスも同様)
・塗りたての時の匂いが気になる人もいる(この匂いは自然のにおいに近いものでVOCではない。時間がたてばにおいはなくなる)
・水をはじかない(コーヒーをこぼしたときなどの対処法はある)

リンク: 漆喰のいい点と悪い点(メリットとデメリット) | お部屋を漆喰や珪藻土で自然素材リフォーム


・普通のビニールクロスの施工よりも工期が長い(湿式工法なので下塗りしたあと乾きを待つ作業があるため)
・施工会社、左官屋によって値段がまちまち(ビニールクロスよりも値段が高い)

リンク: 漆喰のいい点と悪い点(メリットとデメリット) | お部屋を漆喰や珪藻土で自然素材リフォーム

アレルギー・シックハウス症候群の人におすすめ!

漆喰は強アルカリ性のため殺菌効果があります。結露をなくす調湿性能とのダブルパワーでアレルギーの原因となるカビ・ダニの発生を防止します。

リンク: 土佐しっくい白亜・高知石灰 / 漆喰のこと:漆喰の特長

シックハウス症候群の原因のひとつであるホルムアルデヒドを吸着・分解し無害化します。漆喰の主原料である消石灰は強アルカリ性であり、空気中のホルムアルデヒドが漆喰壁に触れると消石灰のアルカリ分子と反応することでホルモースという糖類に変化します。

リンク: 土佐しっくい白亜・高知石灰 / 漆喰のこと:漆喰の特長

機能性だけじゃない。意匠性も兼ね備えた漆喰空間

モダンな空間にも見事に調和

一面だけクールな色を乗せた漆喰に。インテリアのファブリックが引き立ちます。

出典: 観葉植物/クリスマス…などのインテリア実例 - 2015-12-22 20:31:58 | RoomClip(ルームクリップ)

タイルと合わせてもよし

表情のコントラストが素敵なレンガ調のブリックタイルと漆喰のミックススタイル。

出典: インスタ→voyage.maki/手作り…などのインテリア実例 - 2015-12-20 16:34:52 | RoomClip(ルームクリップ)