いま、心の問題を抱える子が増えている?

「こころの風邪」ともいえる軽症から、時には自殺に至るケースもあるという、うつ病。これは長い間、すっかり精神的に成長した大人特有の心の病気だと考えられてきましたが、実は子どもにもうつ病がある、と専門家達は警鐘を鳴らしています。

リンク: 大人だけではない? 増加する子どものうつ [子育て事情] All About

子どもの心の育ちのために親ができることは?

心の筋肉「レジリエンス」を鍛える

レジリエンスとは逆境に置かれたときの跳ね返す力のこと。「心の筋肉」にも例えられ、鍛えれば鍛えるほど、困難に負けない子になっていきます。

出典: 子供の心の筋肉「レジリエンス」を鍛える10のコツ [子育て] All About

できていることを「認めて褒める」

将来、精神的・経済的に自立できる子どもを育てるために、親が心がけるポイントとは何でしょうか?

出典: 将来自立した子どもに育てるには? [子供のしつけ] All About

「こころの安全基地」になってあげる

「こころの安全基地」、不安をいつでも受け止め、安心させてくれる場は、思春期や青年期でも成人になっても、やはり必要になるものです。

出典: 「こころの安全基地」を持つ人がストレスに強いわけ [ストレス] All About

親もすすんで「マイナス思考」をやめる

子どもは、ママのさりげないひと言から「発想の仕方」を学びます。「子どもにマネしてほしくないマイナス思考13」とは?

出典: 子どもにマネしてほしくないマイナス思考13 [子育て] All About

「自分を肯定する気持ち」を育む

成長してからの問題の多くは、幼少期に「自己肯定感」が育まれたかどうかに起因しているとも言われるほどです。

出典: 子供の未来が変わる!自己肯定感を育もう [子育て] All About

「折れそうな心」を「折れない心」に変える

「ダメならダメでしょうがない、無理する必要はない」…。子供の頃からそういう気持ちで生きていれば、強い心は育たないものです。

出典: 「折れそうな心」を「折れない心」に変えるために大事なこと | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

子ども自身の「決断力」を支える

グローバル社会を生きる子どもたちは、ある程度の決断力を備えておかないと、将来、苦しむことに。幼少時からの心がけが大切です。

出典: 判断力、決断力がある子って何が違う? [子育て] All About

「やりぬく力」を育む

いくら才能に恵まれていても、すぐに心が折れてしまうようでは力を発揮できません。昨今、欧米で注目されるのが、「やりぬく力 (グリット)」です。

出典: 子供が成功する鍵!「グリット」を育む6つのヒント [子育て] All About

「甘えと甘やかし」を混同しない

いっぱい甘えさせた子どもほど、しっかり自立するのです。しかし注意したいのは、甘やかしは子供をダメにするということ。このふたつの差とは?

出典: 子供を自立させる甘えと、ダメにする甘やかし [子供のしつけ] All About

とにもかくにも「ママの愛情」が不可欠!

どんな子でも少なからず「お母さんが喜ぶならなんでもしたい」と思っているもの。ママの愛情が一生に影響を与えるほど重要なんです。

出典: 一生に影響を与える? 男の子にとってママの「愛情」が必要な訳 | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)