1.エネルギー消費効率のよい暖房器具を使う

COP(エネルギー消費効率)とは、1kWの消費電力での稼働能力のこと。家にある暖房器具のCOPをチェックし、COPが高いものを優先した使うと暖房費の節約になります。最近のエアコンはCOPが高いものが多いです。

出典: 2/2 暖房費の節約術 [節約] All About

2.暖房器具の温度設定と使用時間を見直す

暖房は「20℃」、こたつは「中」にするなど、暖房器具の温度設定を見直しましょう。寝るときはタイマーで切る、外出の直前までつけておかないといったように、使用時間を短縮することでも節約できます。

出典: エアコン、こたつetc...電気代上昇を抑える! 電気代の節約・冬 [節約] All About

3.部屋の広い範囲か、狭い範囲か暖める範囲で暖房器具を使い分ける

部屋の中に人が点在しているならエアコンや床暖房、1人や2人がまとまっているならストーブといったように、暖める範囲によって暖房器具を使い分けると効率的です。

出典: 暖房費を節約するための鉄則&簡単テクニック [節約] All About

4.エアコンをサーキュレーターや扇風機と併用する

エアコンの暖められた空気は天井面に近いところにたまりやすいので、サーキュレーターや扇風機を上向きに使って、暖気を床面の方に下ろすと、同じ設定温度でも暖かく感じます。

出典: 2/2 暖房費を節約するための鉄則&簡単テクニック [節約] All About

5.エアコンのフィルターをこまめに掃除する

エコアンのフィルターが目詰まりしてると、暖房効率を悪くする原因に。2週間に1回はフィルターの掃除をしましょう。

出典: 賃貸生活、節約術!〜電気・ガス・水道 [部屋探し・家賃] All About

6.窓の冷気やすきま風を100均グッズでシャットアウト

窓にエアーシートを貼って外の冷気を遮断する、ドアの下からのすきま風を遮るために粘着テープを貼るといったように、百均グッズの活用で暖房効率がアップします。

出典: 100均グッズでできる冬の節電・節ガス [節約] All About

7.カーテンは窓を覆う長さにする

カーテンも窓の冷気対策に有効。腰窓は窓枠の下10cm以上、掃き出し窓は引きずるくらいが長さの目安です。カーテンによってはフックで長さを多少調整できます。

出典: 冬の節約は「スキマ」を埋めて [節約] All About

8.家族が続けて入浴する

お風呂の追い炊きはガス代をアップさせる要因に。家族が続けてお風呂に入ることで、追い炊きをしなくて済みます。お風呂から上がるときは、市販の保温シートと蓋を併用し、お湯の温度が下げるのを防ぐようにしましょう。

出典: 3/3 ガス代の節約術 [節約] All About

9.ダウンベストを着用するなど室内でも暖かい服装で過ごす

室内で暖かい服装をしていれば、暖房に掛かる費用を抑えられます。ダウンベストは保温性が高くて動きやすいので、、家事をするときにも着やすくおすすめです。

出典: 暖房費の節約術 [節約] All About

10.シチューなどの煮込み料理は余熱調理にする

冬に作る機会の多いシチューなどの煮込み料理は、最初に加熱した後に時間を置いて余熱で火を通すことで、光熱費を節約できます。

出典: 2/2 冬の水道光熱費を手軽に節約する方法 [節約] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項