働きたい! でも……出産で仕事を辞める事情

隠れ待機児童は80万人以上! 通勤圏の保育園に預けるのは超難関

認可保育園に申し込んだにもかかわらず、入所できずに順番待ちをしている「待機児童」。2014年4月の時点で、全国に約2万1000人いると言われています。さらに、「子育ても落ち着いてきたし、働こうかな。でも、預けるところがないし……」という「隠れ待機児童」は、全国に80万人いると推定されています。

出典: 隠れ待機児童は80万人以上!? 少子化なのに保育園が足りない「構造的な問題」 | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

子育てほどやりがいのあることは見つからない、という女性も

子どもを1人の人間として尊重しつつ、子育てを純粋に楽しむことに全力を注ぎたい。ママが子どもに送る愛情は、自分への幸福感となって返ってくる、と考えるママもいます。

出典: 子供中心の育児スタイルの方がママは幸せになれる? [子育て] All About

長時間労働、休日出勤、単身赴任……激務な夫には育児を頼めない

日本の企業では、主に男性の長時間労働が問題となっています。“働き盛り”と、子育ての一番大変な時期が重なることで、家事・育児の負担が母親にばかりかかる、という事態も起こっているのです。「私が家を守らなきゃ!」と女性を家に縛る原因にもなっているといっても過言ではありません。

出典: 専業主婦をdisっていては、サラリーマンも幸せになれない | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

仕事を続けたら、忙しくて子どもと向き合えないかもしれない

10~50代の女性130人を対象に行ったアンケート。母親が働いている家庭で育った女性の中には、「遊んでほしかった」「大変そう。できれば自分は、専業主婦になろうと思っていた」という声も。逆に、母親が専業主婦の家庭でに育った女性からは、「人に養ってもらう生き方は嫌」「社会的に弱い」と辛らつな声も。

出典: 専業主婦派? ワーキングマザー派? [女性の転職] All About

子どもを産んでも仕事を続ける理由

辞めなければ、キャリア形成により収入アップを見込める

出産で退職せずに働き続けるほうが、より高い生涯年収を見込めます。パートや契約社員として再就職した場合と比較すると、生涯年収の差は3600万円との試算も。ボーナス額や積み上げた退職金額の差も大きくなります。

出典: 出産退職で生涯年収3600万ダウン!働き続ける秘訣は? [ふたりで学ぶマネー術] All About

一度やめると収入激減。正社員としての就職も難しくなる

出産を機に一度辞めてしまうと、もう一度同じ待遇で再就職先を探すのは、とても難しくなります。再就職した7割のママが「辞める前より収入がかなり下がった」と答えていることが内閣府の調査で明らかになっています。出産を機に退職か育児休暇か迷った挙句、「踏ん張って働く」という道を選ぶママも。

出典: 育休vs出産退職、妻たちの収入徹底比較! [結婚のお金] All About

最初はみんな不安。でも「なんとかなる!」と思ったから続ける

育児と仕事の両立への不安が、仕事復帰前のママを襲います。でも、実際働き始めたママが必ず言うセリフが、「なんとかなる」というセリフ。不安を挙げればキリがありませんが、ポジティブな気持ちでいることも仕事復帰には大切なようです。

出典: やっぱり、子育てしながら働くって難しいですか? [子育て] All About

やりがいや社会とのつながりを大切にしたい

「自分は専業主婦に向いていない」と考える方も多いのでは? 常に家をピカピカにしておくママもステキだけど、仕事でやりがいの追求やキャリアアップを目指したい。不利な状況でも上手く乗り越え、理想の働き方を実現した実例を通して、母となって働くことを改めて考えてみませんか。

出典: 2/2 働くママ = 不利な戦いだと思い込んでいませんか? [子育て] All About