惜しむらくは生産が終了してしまった歴代の猛者バイク達

最高に歓迎すべき友人「XELVIS」

1991年にホンダから発売されたゼルビスは「最高に歓迎すべき友人」という意味を込められて誕生した250ccのバイクです。VTシリーズのタフなエンジンを搭載し、10万キロ走破という話も。「雨に愛されたバイク」というのも中々粋ですね。

出典: ホンダ ゼルビス カスタムパーツ | 新車・中古バイク情報 GooBike(グーバイク)

時代を逆行した最新型の250cc「クラブマン」

1983年から1997年までマイナーチェンジを繰り返し14年間も愛されたバイク、GB250クラブマンです。当時スポーツタイプが流行でしたが、あえてその逆を行くスタイルで生産されました。しかし内部構造は当時最先端の技術を使っていました。

出典: ホンダ GB250クラブマンのカタログ-バイクのことならバイクブロス

往年の人気モデルをそのままに「カタナ」

スズキから1991年に発売され、1999年に姿を消した「GSX250SSカタナ」GSX1100Sを忠実に再現し、部品によっては共通パーツもあるほどの復刻マイナーチェンジモデル250cc版です。現在は中古車としてでしか入手できません。

出典: GSX250Sカタナ ヒストリー 概要 historyfileNo:154 |中古・新車バイク情報はBBB

その歴史、伝説級「マッハ」

カワサキから1972年に発売され1980年までの8年間元気(?)に疾走っていた250SSマッハI。伝説となっているマッハシリーズの最軽量モデルです。現在手に入るのは中古車だけですが、現役で走っている車体もあります。

出典: 車両情報:カワサキ 250SS | (株)ウエマツ | 中古バイク・新車バイク探しはバイクブロス

飾らない、気取らない、自然体で「SEROW225」

現行機種としてセロー250ccモデルが販売されていますが、根強い人気を誇っているのが225ccモデル。粘りのある走りと、どんなに転がってもしぶとくかかるエンジンに、どれだけのライダーが励まされたのでしょうか。現在は中古車しか手に入りません。

出典: ヤマハ SEROW225 [セロー] | ウェビック

レトロ調でおしゃれな車体「ボルティー」

いつも予想の斜め上の見た目のスズキが1994年から10年間販売していた250ccのネイキッドバイクです。「気軽に乗れる」「日常使用」に重きをおいたスペックで、高速走行には適していませんが、トコトコといった走りが愛くるしい、そんなバイクです。

出典: ボルティー レビュー一覧 - バイクブロスコミュニティ

最後に選び方

千差万別!バイク中古車の選び方

車と違ってバイクは趣味性の高いものです。何人ものオーナーが適当に乗ってきた個体もあれば、ただ一人のオーナーが愛情込めて整備してきた一品物もある世界。そんな世界で中古車の選び方を解説します。

出典: 何で選ぶ? 自分に合った中古車バイクの選び方 [中古バイク] All About

バイク選びはショップ選び!ビギナーの為の購入ガイド

これからバイクに乗ろうと思っている人でよくある疑問「色んなバイク(バイク店)がありすぎて何を(どこで)買ったら良いか分からない!」にスポットを当てた、初心者向けのバイク購入ハウツー記事の紹介です。

出典: ビギナー向け 失敗しないための中古バイク購入ガイド [中古バイク] All About