冬の快眠のためのおすすめグッズ

あなどれない!湯たんぽの保温力

金属製や陶器製の湯たんぽは特に保温力が高く、90℃のお湯を入れて24時間経っても40℃もあり暖かです。

出典: 湯たんぽの驚きの保温力と節約になる使い方 [節約] All About

布団乾燥機で湿気をとって暖かに

寝具の湿気を取りのぞく布団乾燥機は温風で布団が暖まることも冬には嬉しいポイント。マット不要タイプも登場し、使い勝手が向上しています。

出典: 布団乾燥機の選び方 [布団乾燥機] All About

肩や首の冷え対策に「えり毛布」

首や肩のあたりは布団から出たり、布団との隙間が開いたりしてしまいがちです。えり毛布を使うと、首まわりから肩の冷えを防げます。

出典: 寒い冬の優秀あっため快眠グッズ3選 [布団・寝具] All About

睡眠中の足の冷えに「睡眠用あったか靴下」

足の冷えが気になっても、睡眠中に普通の靴下を履くのは、足が締め付けられることは快眠の妨げとなり、眠っている間に脱ぎたくなったときに脱ぎにくいと目覚めてしまうことから望ましくないです。睡眠専用のゆったりつくられた靴下を履きましょう。

出典: 寒い冬の優秀あっため快眠グッズ3選 [布団・寝具] All About

口からの冷気対策に「マスク」

冷たい空気が口から入り、肺を通じて内臓を冷やしてしまうことも、眠りの質を低下させる要因です。マスクをすることで冷気を遮断し、乾燥対策にもなります。

出典: 寒い冬でもぐっすり快眠を叶えるルール3つ [布団・寝具] All About

身体を中から温める方法

身体を温める食べ物を摂る

冷蔵庫から出したものは常温にし、体温よりも温かいものを食べることで、身体が温まります。旬の野菜や根菜類、寒い地域でとれるサケやタラを使い、唐辛子や香辛料を使った料理や片栗粉でとろみをつけた調理法にするのがおすすめです。

出典: 冬でもポカポカ! 冷え性の人のあったか快眠法 [不眠・睡眠障害] All About

冷えてしまった朝は等尺性運動

身体が冷えてしまって起きられないときは、6秒間全身に力を入れて、6秒間力を抜く等尺性運動を繰り返すと身体が温まります。

出典: 2/2 寒くても大丈夫!冬に熟睡する方法あれこれ [睡眠] All About