NG1:感情的に怒鳴る…子供の心に残るのはママの怖い顔と声

感情任せに怒鳴っても、ママの大きい声や怖い顔に対しての恐怖感が子供の心に残るだけで、問題は解決されません。では怒鳴りたくなった時、怒鳴ってしまった後のフォローはどうすれば?

出典: 子供を怒鳴るのはママの心のSOS! [子育て] All About

NG2:頭ごなしに「ダメ」と言う…大切な好奇心も潰してしまう

本当に必要な時以外に「ダメ」を使うと、大切な好奇心を潰す、親に否定された感覚が心に残るなど悪い影響が。では、「ダメ」の代わりに子供にしたい関わりや、言ってしまった後の対処法は?

出典: 子供の命を守る「ダメ」、好奇心を潰す「ダメ」 [子育て] All About

NG3:「あなたは…」と子供が主語で叱る…アイメッセージを使おう

「(あなたは)何回言ったらわかるのよ!」という言い方は主語が「あなた(=子供)」になっている"Youメッセージ"。ママを主語とした"アイメッセージ"で子供に気持ちを届けましょう。

出典: ママがイライラ爆発!の前にアイメッセージで伝えよう [子育て] All About

NG4:躾のためと罰する…効果はその場限りで根本的に改善しない

子供の困った行動を解消するために「1週間、テレビ禁止」などと罰してしまうことってありますよね。罰には親が期待する効果は全くないのです!子供の問題行動を根本的に改善する方法とは?

出典: 子供を罰しても問題解決しない4つの理由 [子育て] All About

NG5:「○○したら△△を買ってあげる」…物でしか動かなくなる

ご褒美を子供のやる気アップに利用してしまうこと、よくやってしまっていませんか?物にあふれる現代社会の中での育児の注意すべき点についてお伝えします。

出典: ご褒美を習慣にすると子供に何が起こる? [子育て] All About

NG6:頑張れ!など喝を入れる…押すより「引く」が効果大

「直球でプッシュした方が、早道なのではないか」という思い、これこそが、やる気の歯車を狂わせてしまう元凶なのです!やる気アップにつながる、子供の心を満たす声かけとは?

出典: 子供のやる気アップに直球勝負はNG? [子育て] All About

NG7:叩いて分からせる…動物の調教と子供の教育は違う

子供に対して、「叩いてでも教える」という表現がありますが、これは叱る側にとっての最終手段ではあっても、叱られる側にとっての最高の手段ではありません。

出典: 子どもには「叩かなければわからないこと」があるのか [男の子育て] All About

NG8:問題行動を野放し…「叱らない子育て」を勘違いしている

現在の育児の流れ「叱らない子育て」をそのまま言葉通りに取り、子供が悪いことをしても注意しなかったり、やりたい放題にさせると、育児はどんどん大変になってしまいます。

出典: 勘違いする親が急増!正しい「叱らない子育て」とは? [子育て] All About

NG9:「この子は○○だ」と決めつける…その通りに育ってしまう

「この子は算数ができないのよね」などとネガティブな言葉を繰り返し口にしていませんか? ネガティブなステレオタイプが子供に与える影響とそれを跳ね返し持てる力を発揮する方法とは?

出典: 跳ね返せ!子供の力を狭める「ステレオタイプの脅威」 [子育て] All About

NG10:「○○ちゃんはできるのに」…親の評価は子供の自己イメージになる

外の世界で競争や評価にさらされ、厳しい思いをしても、帰ってくればあるがままに受け入れてくれる親がいるということが、子供にとって大きな救いとなるでしょう。

出典: どうしてうちの子にはできないの!? [子育て事情] All About