あなたは大丈夫? 喧嘩をきっかけに破局しやすいカップルの共通点

修羅場に発展しやすい4つのタイプに当てはまっていませんか?

「喧嘩をするほど仲がいい」とは言うものですが、喧嘩の仕方を間違えると修羅場になり、大切な関係を壊してしまいます。喧嘩は相手をやりこめる競技ではなく、あくまでも互いの相違点を話し合い理解しあうものです。修羅場にしないための能力を鍛えましょう。

出典: 大切な関係を壊していませんか? [恋愛] All About

感情に振り回されやすい「自己分化度」が低い人は要注意!

感情のぶつけあいを繰り返すカップルもいれば、冷静に話し合って理解を深め合えるカップルもいます。自分が感情的であることをわかっていながら、それも性格だと放置していませんか?大切な人を失う前に、自分の感情とうまく付き合う方法をマスターしましょう。

出典: 「ケンカ」で分かる!カップルと夫婦の心の成熟度 [ストレス] All About

どうすれば、もっとお互いの理解を深められるの?

まずは相手を受止めることから! 愛が深まる喧嘩のルールがあります

ケンカするほど仲がいい、とは言うものの、度々ケンカしているカップルというのは、いずれ別れることが多いようです。では、ケンカで愛を深め、相性を良くするにはどうしたらいいのでしょう? 5つのルールを紹介しています。

出典: 相性改善強化シリーズ ケンカで愛を深める [恋愛] All About

これをやったら即アウト! 超えてはいけないラインは、心に留めておきましょう

付き合い始めはお互いに相手に気を遣い、言葉や態度にも気をつけていても、付き合いが長くなるうちにどうしても遠慮が無くなり、ズケズケとものを言ってしまいがち。でも二人の仲を良好に保つためには、やっぱりルールが必要なんです。6つのルールを紹介しています。

出典: カップルの仲を良好にする「ケンカのルール」とは? [恋愛] All About

喧嘩を回避するためのトーク術・コミュニケーション術を身につける

延々と愚痴を垂れ流し、アドバイスに対して「でも、だって…」を繰り返さない

「ただ聞いてほしいだけ」の女性に対し、頼りにされると何かアドバイスをして問題解決を図りたい男性。この性質の違いを理解しないと、愚痴ってスッキリしたいはずがどちらにとってもストレスが溜まってしまい、喧嘩が勃発しやすい状況になってしまいます。

出典: もうケンカしない。彼への上手なグチり方 [吉戸三貴の恋愛コラム] All About

責めないことが大事! 「なぜ」を「何」に置き換えて質問の仕方を変えてみる

ケンカしたあとはどうしても自分本位になりがちで、相手の言い分を聞くその姿勢もついつい、責めたるような口調になりがちです。そんなときに意識して質問の仕方を変えてみてほしいのです。
「どうして○○○なの?」と聞くと責められているように聞こえますが、「何が○○○の原因なのかしら」に置き換えるとどうでしょうか。
落ち着いた問題解決の話し合いのように聞こえ、聞き手のイメージが変わります。
たったこれだけなのに、結果は全く逆のものになりますよ。

出典: 恋人とケンカしたあとに仲直りをする方法 [恋愛] All About

ビジネステクは恋愛にも有効「イエス・バット法」で喧嘩を減らす!

相手の意見も尊重すべきとは分かっていても、つい自分の要求を多く通そうとしてしまいがち。でも、二人にとって大切なのは居心地いい関係でいることのはず。ビジネスでよく使われる「イエス・バット法」を恋愛の場面でも使ってケンカを回避しましょう!

出典: ケンカを減らす「イエス・バット法」 [相沢あいの恋愛コラム] All About