子供の英語教育スタート年齢の選択肢

0歳でも早すぎない!赤ちゃんでも英語脳は作られる

赤ちゃんに英語で語りかけていれば脳の中に「英語の音の認知回路」ができます。七田幼児教育によると「0歳から6歳までに英語を始めると80%の人が英語が話せるようになる。」とも言われます。0歳児への英語教育のキーワードは「刺激」です。

出典: 0歳児への英語教育 0歳からでは早すぎる? [子供の英語教育] All About

英語教室で一番人気!2歳は英語教育の旬?!

2歳児クラスの英語といっても子育ての一部に英語があるので、母子で一緒に英語で歌やダンスを楽しむことが中心になっています。どうしてもバイリンガルにしたいというよりも、英語を通して子供の心の成長も大切にしたいという親心も満たされて◎!

出典: 子どもの英語、2歳は早すぎる? [子供の英語教育] All About

母語の確率された4歳ならば安心して英語教室へ

英語教育はさせたいけど母語(日本語)の方が心配…と思う親も多いようです。母語の確立された4歳になれば、安心して英語教室へ。ちょうど手もかからなくなる年齢ですから、自分で学んでいく姿勢を養うにもちょうどよいでしょう。

出典: 4歳からはじめる英語 [子供の英語教育] All About

9〜10歳頃が限度?!英語学習の黄金期「幼児期」を逃すな!

幼いときは英語は音楽と一緒。耳から英語を聞かせます。言語教育研究によると英語の音を正しく聞き分けできてネイティブのように発音できる限度は9~10歳頃だとも。例えばLとRの微妙な音の違いを幼児はしっかり聞き分け、発音できる能力を持っています。

出典: 英語教育は幼児からがベスト [子供の英語教育] All About

幼児期に親ができるおすすめ英語環境作り

1歳前後になったらベビーサインを英語子育てに使ってみよう

赤ちゃんの言語獲得能力を高めてくれるベビーサインを英語子育てに利用してみませんか?英語の歌には赤ちゃんの手遊び歌に使えるものがたくさんあります。

出典: ベビーサイン 2 ベビーサインを英語子育てに! [子供の英語教育] All About

レオ・レオニの絵本読み聞かせで英語学習と心育てを

絵本はイラスト描写が素晴らしいので、言葉が英語であろうと、子供たちにストーリーはきちんと理解できます。英語学習だけでなく子どもの心も育てるのです。名作絵本の中でもやさしいイラストと英語文で書かれたレオ・レオニの絵本シリーズはおすすめです。

出典: 名作の英語絵本で子育てはいかが? [子供の英語教育] All About

テレビの「おさるのジョージ」は見る価値あり!

バイリンガル放送の『おさるのジョージ』、英語で言うと『Curious George(キューリアス・ジョージ)』。子供のしつけや、社会で知るべきルール、人に優しくする気持ちなどが育つでしょう。簡単なストーリーなのでぜひ英語で聞いてみましょう。

出典: テレビのおさるのジョージ、見る価値あり! [子供の英語教育] All About

丸暗記できる曲も多い!クリスマスソングを英語で歌おう

Jingle Bellsは子どもが丸暗記可能な歌です。Rudolph the Red-Nosed Reindeer(赤鼻のトナカイさん)は軽快なメロディなので子どもたちも歌うと身体も元気いっぱいに動きます。

出典: 子どもと一緒にクリスマスソングを歌おう! [子供の英語教育] All About

年齢に合った英語教室を選んであげよう

年齢に応じておすすめの英語教室も変わってきます。2~3歳は身体を動かす英語教室がベスト。4~6歳はさらに「絵本」を使う英語教室を探しましょう。子供の成長に合った英語教室を探してあげましょう。

出典: 年齢別おすすめ英語教室 [子供の英語教育] All About

週1,2回の教室では効果薄。自宅でも毎日英語シャワーを

インターナショナルプリスクールなどで日々英語に触れられる環境があれば良いのですが、そうでない場合は、アニメや歌など子供の興味があるものを通して毎日英語のシャワーを浴びるようにしましょう。週に1度や2度の英会話スクール等では効果は薄いでしょう。

出典: 日本から世界へ!子供をグローバル人材に育てる方法 [子供の教育] All About

小学校入学後も週2〜3回の英語教室で英語力維持を

幼児期の英語学習の成果で英語ペラペラキッズになれたら、小学校入学後も週2〜3回は英語に触れる機会を作りましょう。12歳までほぼ毎日学び続けておけば、ネイティブ並みの英語力は維持していけるようです。

出典: 子供の英語学習の意義 [子供の英語教育] All About