みんなに教えたくなるクリスマスの雑学

毎年当たり前のように、イブにはケーキを食べたりしながらお祝いしているクリスマス。どうして25日なのか、サンタが赤い服を着ているのはなぜか。知っているようで知らない、クリスマスのちょっとした知識を紹介します。

クリスマスの日にちのなぞを解明!

「25日がクリスマス」は冬至がルーツ

冬至とは北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で、日照時間が最も短くなります。それがキリストの誕生日、クリスマスの日に関係しているって、どういうこと……?

出典: 2015年の冬至はいつ?なぜかぼちゃと柚子湯? [暮らしの歳時記] All About

ドイツのクリスマスは12月6日

日本のクリスマスでは24日の夜にサンタクロースがプレゼントをくれるということになっていますが、ドイツでは、6日に聖ニコラウスがプレゼントをくれるという風習になっています。ドイツのクリスマスが"6日"に行われる理由とは。

出典: 巷で人気のドイツ式クリスマスってなに? 家での過ごし方は?|All About 住まい探し

お馴染みなあの"あいさつ"の意外な事実

アメリカでは「メリークリスマス」を言ってはいけない

クリスマスの挨拶といえば「メリークリスマス」。盛大にクリスマスを祝うアメリカでは、道行く人々がお互いに“Merry Christmas!”と声を掛け合っているイメージが強いですが、実は禁句なのです。それには聞いて納得のワケが。

出典: アメリカでは「メリークリスマス」が禁句!? | For M

クリスマスのルール、その発祥は?

サンタの赤い服装は、モデルとなったある人物が着ていた服の色をまねている

サンタクロースはコカ・コーラの広告が作られる前から、赤い服を着ていた記録があるそうです。それは、サンタのモデルとなった人物の服装からイメージが繋がったのだとか。そのある人物とは?

出典: 真説! サンタクロースが赤い服を着る理由 | For M

もともとクリスマスに贈られるのは「子どもへのプレゼント」ではなかった

クリスマスといえば、子どもへのプレゼント。こっそり準備している親も多いのではないでしょうか。しかし、実はサンタの基となった伝説では、サンタがプレゼントを贈る相手は子どもではありませんでした。では一体誰に……?

出典: 3/3 世界遺産お祭&イベントカレンダー2008年4Q [世界遺産] All About