1. 意外と大きい「いつもの歩き方」の影響

中には「私はよく動き回っている方だと思うけど」という腰痛持ち・背部痛持ちの人がいるかもしれません。実は、「動いているわりには運動不足である」という人がとても多いのです。「動いているつもり」になっていることが、意識的に全身運動を行う機会を無くしているともいえるかもしれません。

リンク: 歩き方を変えるだけで腰痛・背中の痛み予防! [腰痛] All About

歩き方を変えるだけで腰痛・背中の痛み予防!

普段、どのような歩き方をしていますか? 骨盤の安定性にもかかわる「姿勢を支える筋肉」は、普段の歩き方が影響します。いつもの歩き方を見直してみましょう。

出典: 歩き方を変えるだけで腰痛・背中の痛み予防! [腰痛] All About

2. 仕事中の姿勢で骨盤がアンバランスに

外回りのように歩いて体を動かしているように見えても、腰痛に関連する筋肉がほぐれるように体を動かしているわけではありません。もともと腰への負担がかかっている人であれば、どんな仕事をしていても、何かのきっかけで腰痛を感じるようになる可能性があるのです。

リンク: オフィスで腰の負担を減らす3分テクニック [腰痛] All About

オフィスで腰の負担を減らす3分テクニック

仕事での姿勢や動作は、毎日同じようなことの繰り返しである場合が多いです。その結果、骨盤の傾きにも影響するような身体バランスのクセがついてしまうことに!

出典: オフィスで腰の負担を減らす3分テクニック [腰痛] All About

3. ぽっこりお腹は要注意! 骨盤が動かしにくくなる

お腹がポコっと出て、ポテっと脂肪がついた感覚に見舞われたら、お腹や腰回りが冷えやすくなっているサインです。姿勢や腰を支えている筋肉が、しっかりと動かせて、きちんと機能していれば、「お腹ポコっ!」や「余分な脂肪でポテっ!」にはなりにくく、健康的な血流によってお腹・腰回りが冷える心配も少ないのです。

リンク: ポッコリぽってりお腹を引き締め腰痛予防! [腰痛] All About

ポッコリぽってりお腹を引き締め腰痛予防!

「お腹まわりに余分なお肉が増えてきたなぁ」という人は、もしかすると骨盤や腰部のコンディションを低下させる状態になっているかもしれません!

出典: ポッコリぽってりお腹を引き締め腰痛予防! [腰痛] All About

4. 横になったらイタタタ……寝姿勢によっても腰部・骨盤に負担がかかる

カーペットにうつぶせになり、ゴロゴロリラックスしながら、読書をする人もいるようですが、この状態でしばらくいると、腰に違和感が……そして体勢を変えようとしても、腰が痛くて動けず、ということがあります。この姿勢は、腰椎の関節に負荷がかかるため、腰のコンディションがあまり良くない人は、痛みが出てしまう可能性があるのです。

リンク: 寝ころがる姿勢で腰が痛むときの対処法 [腰痛] All About

寝ころがる姿勢で腰が痛むときの対処法

寝転がる姿勢は、腰が楽になりそうな気がすると思いますが、体の状態によって腰部・骨盤へ負荷が増してしまう場合があります。どうしたら負担を減らすことができるのでしょうか?

出典: 寝ころがる姿勢で腰が痛むときの対処法 [腰痛] All About

5. いつものリラックスタイム、その姿勢で本当にいいの?

ご自身で楽に感じる姿勢があると思いますが、ラクな姿勢が身体にも負担が少ない姿勢とは限りません。実際には腰に負担がかかってしまい、腰痛が起こりやすくなってしまうケースもあるのです。

リンク: ラクな姿勢でも腰には負担?腰痛を招くくつろぎ姿勢 [腰痛] All About

ラクな姿勢でも腰には負担?くつろぎ姿勢の5ポイント

ほっと一息、リラックスタイムは楽しみですよね。ですが、くつろぎ姿勢だと思われがちな楽な姿勢が、実は腰部・骨盤へ負担をかけて、かえって疲労させてしまうことになる場合があります。あなたの姿勢は大丈夫!?

出典: ラクな姿勢でも腰には負担?腰痛を招くくつろぎ姿勢 [腰痛] All About