まずは「足のニオイ」の原因を知ろう

意外にも、足裏にかく汗は無臭だった!

「足のニオイの原因」と聞いて、真っ先に思いつくのが「汗」。でも実は、足裏にかく汗は本来ほぼ無臭。汗が足裏の雑菌と結びつくことで、あのイヤなニオイが発生するのです!

出典: ブーツの季節は要注意!足のにおいの原因と対策 [ボディケア] All About

以下の原因により、冬場のブーツ足は臭いが強くなる傾向にあります。
・足裏は多量の汗をかく。
・汗が雑菌と結びつくことで、強いニオイを発生させる。
・ブーツが通気性がわるく、雑菌が繁殖しやすい。
・足裏は皮脂腺がなくかさつきやすい。増えた足裏の角質が、雑菌の栄養分となってしまう。
本来無臭の汗ですが、雑菌と結びつく事により強い臭いを放つのです。

リンク: ブーツの季節!足の臭いの原因と対策 [フットケア] All About

汗が雑菌と結びつくことであのイヤなニオイが発生してしまうのです。原因がわかったら、あとは対策あるのみ!

対策その1.雑菌の少ない、清潔な状態を保つ

まずは、清潔な状態をキープするのが基本。入浴時には石鹸やボディソープを泡立てて、指の間までしっかり洗うようにしましょう。また、見落としがちなのが爪まわり。伸びた爪の内側や爪の両側の部分には、予想以上に汚れがたまっています。爪ブラシなどを使って、入念にケアしましょう。

リンク: 2/2 ブーツの季節は要注意!足のにおいの原因と対策 [ボディケア] All About

殺菌効果のあるクリームでケアするのも効果的

細菌の繁殖を抑えるため、お出かけ前に殺菌効果のあるフットクリームを塗ったり、オフィスでの休憩時間などに足用の殺菌デオドラントスプレーを使うのも効果的です。

出典: フェルゼア薬用クリームで気になる足のニオイを解決! [MICO’s DIARY] All About

対策その2.古い角質を取り除く

洗うだけで手軽に角質を落とせる足裏専用石けんも

足裏にたまった角質は、細菌の大好物。スクラブ剤を使ったり、軽石やフットファイルでやさしくこするなどして、こまめにオフしましょう。最近ではお風呂で洗うだけで手軽に角質を落とせる、スクラブタイプの足裏専用石けんも登場しています。

出典: 足の裏、洗ってつるつる足用石けん│トップ|Foot-Medi(フットメジ) |グラフィコ

対策その3.ブーツ内のムレを最小限に抑える

通気性を確保するのが難しいブーツ。できれば長時間履きっぱなしにせず、こまめに湿気を逃がすようにしたいもの。可能であれば、オフィスでは通気性の良い靴に履き替えると良いでしょう。

リンク: 2/2 ブーツの季節は要注意!足のにおいの原因と対策 [ボディケア] All About

吸湿性の高いインソールを活用するのもおすすめ

吸湿性の高いインソール(中敷き)は、汗を吸い取ってブーツ内の環境を快適に整えてくれるのでおすすめ。中でもダンボールメーカーが開発したというインソール「アシート」は紙製で吸湿性に優れており、ムレを効果的に防いでくれます。

出典: 長時間フライトのCAが密かに使う!足のニオイ対策3選 [スキンケア] All About

足指の間のムレに効果抜群の5本指ストッキング

意外と知られていませんが、靴下だけでなくストッキングにも5本指タイプがあります。通常のストッキングに比べて少し値段は張るものの、足指の間の汗を吸収してくれるため、ムレ予防に一役買ってくれます。

出典: 2/2 長時間フライトのCAが密かに使う!足のニオイ対策3選 [スキンケア] All About