オススメ制度 1:住宅ローン【フラット35】Sの金利引き下げ

【フラット35】Sは、金利の下げ幅が年0.3%から0.6%に拡大。2016年1月29日までの申込受付分について適用されます。

オススメ制度 2:住宅ローン減税(住宅ローン控除)

最大控除額が400万円に引き上げられた住宅ローン減税

2015年度より拡充された住宅ローン控除。家の建築(新築)、新築や中古のマンション、一戸建ての購入、リフォームなどで、住宅 ローンを利用したときなどが対象となり、最大控除額は400万円。

出典: 平成26年以降の住宅ローン減税 [住宅ローン控除] All About

オススメ制度 3:すまい給付金

消費税増税による負担を軽減、最大30万円を支給

すまい給付金は、消費税の増税によって住宅購入の負担を軽くするための制度。利用対象者や利用対象物件には条件があります。給付金額は、消費税率8%のとき年収の目安が510万円以下の場合は最大30万円給付されます。

出典: 消費税増税の負担を軽減する「すまい給付金」 [住宅購入の費用・税金] All About

オススメ制度 4:住宅贈与が非課税

親からの住宅取得資金の援助が非課税に

若い世代が親からの資金援助を受けて住宅購入する場合、その分の贈与税が非課税になる制度があります。期間は2019年6月までで、2015年の贈与なら高品質の住宅では最大1500万円、一般の住宅でも最大1000万円が非課税に。2016年以降は非課税枠が減っていきます。

出典: 住宅資金贈与の非課税拡大 どんな人がいくらまで? [注文住宅] All About

気になる!【フラット35】Sが使える住宅

【フラット35】Sが使える住宅

安心して長く住むことができる住宅作りを応援している住宅ローン【フラット35】S 。省エネ性、耐震性、バリアフリー性、耐久・可変性の4つの性能のうち、いずれか1つでも満たしている住宅が対象になります。

出典: 【フラット35】Sの対象となる住宅:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

住宅の省エネルギー化って何?そのメリットは?

住宅の省エネルギー化には、高断熱性、高性能の住宅設備機器の採用、自然エネルギーの活用などがあります。そして、光熱費が抑えられるというメリットも。【動画あり】

出典: 省エネルギー性:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

長期優良住宅って何?そのメリットは?

年々増えている長期優良住宅。住宅を長持ちさせる、安全で快適に住むための基準を満たしているなどの特徴があります。【動画あり】

出典: 耐久性・可変性:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】