憧れの古民家暮らし。本当のところは?

古民家暮らしのメリット・デメリットは?

土地付きで100万円台という破格の物件もあるものの、メンテナンス費は覚悟しておくこと。また、夏は過ごしやすい代わりに、冬の寒さは厳しくなります。不便さもありますが、それを楽しみながら暮らしていくことが古民家暮らしの醍醐味でもあります。

出典: 田舎の真相/古民家暮らしは理想の生活なのか(1) [田舎暮らし] All About

どうすれば運命の古民家に出会えるの?

古民家を探すには、3つの方法があります。1つめは「民家バンク」などのネットを利用する方法。2つめは、田舎暮らしの専門誌から情報を得ること。3つめは、物件を探している土地の賃貸物件に住みながら、不動産会社や地元の人から情報を収集することです。

出典: 田舎の真相/古民家暮らしは理想の生活なのか(2) [田舎暮らし] All About

都会より生活費が安上がりって本当?

年間いくらあれば田舎暮らしは可能か!?

人にもよりますが、食費や住居費、光熱費などの生活費月10万円(年間120万)に、地方税や固定資産税、国民健康保険料、車維持費といった非消費支出を70万円前後と考えて、年間190万円程度あれば、最低限の生活はできるのではないでしょうか。

出典: 田舎の真相/月10万で暮らす田舎暮らしのウソ&マコト [田舎暮らし] All About

実際生活してみてどう?田舎暮らしで増える出費・減る出費

田舎暮らしは、都会の暮らしと収支のバランスが大きく変わります。ガイドの経験では、田舎暮らしで減った出費は交際・娯楽費、衣料費、食費、文化・教育費です。一方増えた出費は交通費(燃料費)、AV及びIT機器費、光熱費、日曜大工などの用具費でした。

出典: 田舎の真相/月10万の田舎暮らし…ガイドのお財布事情 [田舎暮らし] All About

人付き合いが大変だって聞くけれど…

田舎ならではのご近所付き合い攻略法とは?

田舎のコミュニティというのは、都会の人が想像する以上に密です。義理の付き合いにこだわらないのも一つの処世術ですが、せっかくなら、地域コミュニティに受け入れられるのも田舎暮らしの楽しみの一つ。その第一歩として、まずは挨拶からはじめましょう。

出典: 田舎の真相/街のスタイルか?村のオキテか? [田舎暮らし] All About

田舎はけっこう忙しい?ご近所イベントで喜ばれるコツ

田舎は、交流会や祭りなどの地域密着イベントが盛りだくさん。そういったイベントにマメに顔を出すのが地域に馴染むコツです。その際、挨拶や時間を守るなどの礼儀を欠かさないことで印象アップ。手土産を持って行くなど、積極性をみせるとさらに好印象に。

出典: 田舎の真相/田舎は本当にのんびりしているか [田舎暮らし] All About

どうする?泥付き野菜をお裾分けされたら

都会とは異なる田舎の人付き合いの習慣に、最初は慣れずに戸惑うかもしれません。けれど、探り探りお付き合いをしていくうちに、野菜のお裾分けをもらうようなことも。それは、地域コミュニティからの招待状。そこから交流の輪を広げていけるといいですね。

出典: 田舎の真相/泥付き野菜がお裾分けされる理由 [田舎暮らし] All About