【1】細眉や鋭角眉など、古くさい眉毛

メイクのなかでトレンドが出やすく、時代遅れな状態で放置していると悪目立ちしてしまうのが眉なんです。今のトレンドは、ストレート寄りのナチュラルな太眉。眉を変えるだけで、顔の印象は一変しますよ。

流行りのナチュラル太眉の作り方・メイク法

流行中の「ナチュラル太眉」メイク。女性らしい柔和なイメージのナチュラル太眉の作り方・描き方を、わかりやすく紹介します。

出典: 流行りのナチュラル太眉の作り方・メイク法 [メイク・メイクアップ] All About

弓なり眉毛をいまどきの太眉にする方法

弓なりの眉ならたぶん、眉山の位置がやや中央寄りにあるはず。それをストレートっぽくするには(これは、弓なりの眉に限らずですが)、眉山の位置を目尻あたりにします。つまり眉頭~眉山までの線を長くするのです。

出典: 弓なり眉毛をいまどきの太眉にする方法 [山本浩未のきれいのソース] All About

【2】首から浮いて見える、明る過ぎるベースメイク

首に比べて顔の色がかなり白くなるようなベースメイクは、年齢に応じて変化した肌の状態を考えず、昔使っていたファンデーションをそのまま使い続けることが原因になっている可能性大。今の自分に似合うファンデーションの色を見つけましょう。

明るすぎはNG!自分に合ったファンデーションの色選び

毎日使っているファンデーション、年中同じ色で大丈夫?自分の肌に合ったファンデーションを選んでいますか?「色の白いは七難隠す」という、ことわざもありますが、ファンデーションは、白ければ良いという訳ではありません。季節の変化によってお肌も変化します。

出典: 明るすぎはNG!自分に合ったファンデーションの色選び [ベースメイク] All About

顔と首の色が違う場合のファンデーションの選び方

ファンデーションは基本的には顔に塗るものなので、顔の色に合わせて選びます。ただし、頬骨の下あたり首に近いフェイスラインのあたりの肌色に合わせましょう。この部位なら顔と首の境目なのでどちらにもなじむ色が見つけやすいからです。

出典: 顔と首の色が違う場合のファンデーションの選び方 [山本浩未のきれいのソース] All About

【3】過剰なつけまつ毛&まつ毛エクステ

一大ブームを巻き起こし、現在ではすっかり定着したつけまつ毛&まつ毛エクステ。盛れば盛るだけいいという風潮だったブーム初期から時は流れ、今はナチュラルに見える範囲でつける時代です。ギャルか舞台人かと疑うような盛り方をしているなら、一度毛量を見直してみて。

若づくりに必死な人の痛い特徴ランキング

NTTアドの調査によれば、「実年齢よりも若く見られたい」と答えた人は男性が55.4%に対し、女性はなんと77.3%にものぼったそうです。痛い特徴のなかで、メイク系の一番上位に輝いたのは「過剰な付けまつ毛やまつ毛エクステをしている」ことでした。

出典: 若づくりに必死な人の痛い特徴ランキング - gooランキング

マイナス5歳に見えるマスカラ術

マスカラを放射線状に塗っていきます。放射線状に塗ることで、目の周りにフレームができ、さらに目がぱっちりと大きくなります。年齢と共にまつ毛が細くなっていきますので、ボリュームタイプのマスカラがおススメです。

出典: 2/3 若返りメイク術!マイナス5歳に見えるポイントメイク [メイク・メイクアップ] All About

【4】ギラギラとしたラメや、派手な色のアイカラー

大人のメイクに必要なのは、なんと言ってもナチュラルさ。くすみや小じわが目立ち始めた目元に、ギラギラとした光や強い色を乗せると、目元のアラを強調することにもなるので注意が必要です。

大人がキレイに見える!若返りアイメイク術

まず、アイホール全体に、ラメ入りの明るいベージュのアイシャドウを塗ります。こうすると、まぶたのくすみが軽減され、ラメに光が反射する事で、まぶたのハリ感がUPした様に見える効果があります。

出典: 若返りメイク術!マイナス5歳に見えるポイントメイク [メイク・メイクアップ] All About

ブラウンシャドーを使った基本のアイメイク

女性の魅力を印象づける、一番のパーツはやっぱり目もと。そのアイメークの鍵を握るのは、光と影による「陰影のコントロール」です。陰影の錯覚により、実際よりも目が立体的に大きく、魅力的な瞳のきらめきもプラスすることができます。

出典: アイメイクの仕方・前編 [アイメイク] All About

【5】ハッキリした色のリップカラー

定番化しつつある赤リップですが、口もとは年齢が出やすいパーツ。若さのないくちびるにパキッとした赤リップを塗ると、年齢を強調するだけになってしまうので要注意。バブル感とオバ感のないリップメイクにはコツがあります。

バブル期と同じじゃNG!「赤リップ」で失敗しないコツ

赤リップの今と昔、その大きな違いは“質感”。80年代の赤リップはマットでしたが、今年は透明感とツヤが命です。口紅の品質も、15年前とは比べ物にならないほど格段に向上しています。

出典: バブル期と同じじゃNG!「赤リップ」で失敗しないコツ [化粧品・コスメ] All About

流行りの赤やピンクのリップが似合う唇&口元ケア

唇や口元は年齢が出やすいパーツ。きちんとしたケアをすることで驚く程印象が変わり、ぐっと美しくなります。流行カラーのリップが似合うようになる唇のケア方法と、鮮やかな唇に負けない明るいお口元ケアやメンテナンス治療などをご紹介します。

出典: 流行りの赤やピンクのリップが似合う唇&口元ケア [歯のホワイト二ング・口臭対策] All About