松本楼のテラス席から見る銀杏

日比谷公園内にある松本楼というレストランの外のテーブルから見る首かけ銀杏。樹齢400年と言われているこの銀杏は伐採される運命にあったが日比谷公園の設計者である本多静六博士が「自分の首を賭けても」と樹を守ったそうだ。

出典: 4/5 あの人気スポットの紅葉は「この位置」から見よう! [散歩] All About

柴又帝釈天の日本庭園内にある回廊から見るモミジ

こちらは、室内から紅葉を楽しむことができる。日本庭園にはモミジが何本かあり、色づいている様子を鑑賞できる。

出典: あの人気スポットの紅葉は「この位置」から見よう! [散歩] All About

薬王院から山頂へ向かう石段の下から見るモミジ

東京都内でも最初に紅葉するのは標高の高い、高尾山だといわれている。中でも薬王院から山頂へ向かう石段の下から見上げると青い空、鳥居の朱とともに見るモミジは素敵だ。

出典: 3/5 東京都内でも早く紅葉する高尾山へ行ってきました [散歩] All About

新宿御苑の側道のイチョウの絨毯から見るモミジ

新宿御苑の側道、正式には「玉川上水・内藤新宿分水散歩道」は11月下旬から12月の初旬にかけて、イチョウの絨毯ができる。もちろんその絨毯も素敵なのだけれど、色づいたモミジが幻想的な美しさだ。

出典: 新宿御苑の側道「玉川上水・内藤新宿分水散歩道」の紅葉: ますだたけきのにっき

呑川緑道の新橋から見る紅葉

いまは暗渠(あんきょ)になって、川はないが、かつての橋があった場所に碑が建っている。新橋と書かれた碑あたりから見れば、桜、モミジなどの紅葉を楽しむことができる。

出典: 3/5 サザエさんの街・桜新町から「川がない川沿い」を歩く [散歩] All About

六義園の芦辺茶屋跡から見た渡月橋のモミジ

六義園というとモミジやイチョウなど約600本も紅葉する樹木がある。見ごろは11月下旬から12月初旬。山陰橋付近のイロハモミジが圧巻なのだが、芦辺茶屋跡から見る渡月橋のモミジもいいかんじ。

出典: 4/6 「都立庭園 紅葉めぐりスタンプラリー」にすべりこみ [散歩] All About

井之頭池のボートから見るモミジ

井之頭公園内にある池ではボートが借りられる。これに乗って池にせり出しているモミジの下まで行ってみよう。下から見上げるモミジはいいかんじのシルエットを描いている。

出典: 4/5 紅葉が見られる都内散歩コース BEST5 [散歩] All About