どうする?夫婦間での子育て観や育児法の違い

夫婦の価値観の違いは子供の個性の幅になるので◎!

両親がそれぞれに違うメッセージを伝えるから、バランスのとれた子供の個性が生まれます。考え方が違うと感じた時は、「自分にはないものを、パートナーが子供に伝えてくれている」と思えばよく、二人の対応をそろえる必要はないのです。

出典: 相性のいいカップルほど子育てで対立する!? [夫婦関係] All About

子育て方針の違いは子供自身に考え判断させることも大切

学童期の子供には、父親と母親それぞれの考え方のメリット・デメリットを子供に伝え、子供自身でどちらを選択するか、自分で考え、決定させると良いでしょう。子供が将来多様な価値観出会った時の、家庭が良い学びの場になります。

出典: 実は子育てに役立つ!夫婦の価値観の違い [子育て] All About

遊びは父親・母親で違うからこそ子供の中で膨らむ!

ある調査では、ママにとって遊びとは子供の発達や学習のツール、パパにとっては絆作り、と大きな違いが出ました。だからこそバラエティーに富んだ遊び方が生まれるのしょう。また子どもの遊びに親がいい意味で巻き込まれる、これが一番大事なことです。

出典: パパの遊び方、ママの遊び方 その違いの裏にあるもの [子育て] All About

男女の違いは育児にも出る!それをお互い受け入れることが大事

父親は子どもに自分自身で世の中を探ってほしいと願う傾向が強いが、母親は子供に手を差し伸べながら進むことを好むなど、男女に大きな違いがあるように、父親と母親にも「育児の違いあるある」があります。

出典: パパ育児、ママ育児、こんなに違うから面白い [子育て] All About

円満が理想。でも避けられない子供の前での夫婦喧嘩

子供の前での暴力的な喧嘩や激しい口論は抑えよう

子供の前での激しい喧嘩は、子供の不安症やうつなどのリスクを高める可能性があるという結果がある以上、すべきではありません。しかし夫婦喧嘩は避けられないのは当然。子供が「困ったときは、パパとママみたいに、ちゃんと話し合って解決すればいいんだ」と思えるようなスマートな喧嘩を心がけましょう。

出典: 夫婦喧嘩、子供の前でどうしてる? [子育て] All About

上手な喧嘩=仲直りの過程まで見せる喧嘩には意外な好影響も

夫婦喧嘩は子どもに見せてはいけないは定説でした。しかし、夫婦がお互いに自己主張しながら相互理解に至る喧嘩は子供に見せてもよいでしょう。家庭の中での多様性を認める文化は、最近はやりの「グローバル人材」育成につながります。

出典: 夫婦喧嘩でグローバル人材が育つ!? [男の子育て] All About

DVは夫婦間だけでなく子供にも深刻な悪影響が

DV家庭で育った子供は「生きづらさ」を感じてしまう

子供にとってDVは両親間の暴力の問題。DVの目撃は子供の自尊心に影響を与え続けたり、対人関係に困難を抱えるなど生きづらさを与えてしまうことが少なくありません。DVに悩み危険を感じたらすぐに警察や配偶者暴力支援センターに相談しましょう。

出典: 知っていますか? 親のDVが子どもに与える影響 [子育て] All About

赤ちゃんでもDVを目撃した記憶はしっかり眠っている

0~3歳にDVを目撃すると学童期になったあたりで影響が出ることが分かっています。小さいから覚えていないだろうということはないのです。すでにDVを目撃してしまった子の心の中で何年か眠っているかもしれない火種の存在を常に気にかける必要があります。

出典: DVが子供の発達に与える影響 [子育て] All About

<最後に>親になっても男女として1人の人間としてお互いに愛し敬うことを忘れないことが大切

親になった夫婦は産後○○を乗り越えて最強の「チーム」になる

ある調査より、結婚歴25年以上の夫婦に共通するのは、葛藤やジレンマを乗り越える希望を失わず、楽観主義を持ち続けていたことだ。親になった夫婦を襲う○○を「ふたりが最強のチームになるための訓練」と前向きに考えてみたらどうだろう。

出典: 「産後クライシス」は夫婦を最強の「チーム」にする [子育て事情] All About

子供の成長とともに、夫婦も痛みを伴う変化を恐れず進化しよう

理想の夫婦とは、いつまでも新婚生活気分を維持している夫婦ではなく、ファミリー・ライフサイクルの変遷に伴う違和感や痛みを受け入れ、力を合わせてそれを乗り越え、常に関係性をアップデートできる夫婦なのです。

出典: 夫婦関係は痛みを伴って進化する [夫婦関係] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項