「男の子の育児は大変、女の子は楽」って本当なの?

生まれながらの性差もあれど、その子の個性や環境の影響が大きい

特に乳幼児期の男の子は女の子と比べて「身体が弱い」「発達が遅い」「甘えん坊」などはママたちの間からよく出るお話。しかし生まれながらの性差は多少あるものの、その子の個性や育つ環境が成長に与える影響の方が大きいでしょう。

出典: 男の赤ちゃん誕生! 男の子育児は大変って本当? [乳児育児] All About

成長した男児の育児は体力勝負!ママの負担増も大変と感じる要因

体力を使う男の子の育児ですが、これは男の子が本来持つ活発さや伸びやかさから来るもの。大変とばかり取られてしまったら、男の子は窮屈さを感じてしまいます。男の子の育児を大変と感じるのは、核家族が増えたことや遊ばせる場が少ない都市環境なども要因でしょう。

出典: 男の子育児、母親にとって大変なことは? [乳児育児] All About

男の子の育て方のコツ・トリセツ

やんちゃ坊主の「育てにくさ」も見方を変えて伸ばす

「落ち着きがない→好奇心が強い」「乱暴→エネルギッシュ」といったように、やんちゃ坊主の育てにくさも、見方を変えれば「生きる力」そのもの。アインシュタインもスティーブ・ジョブスも小さなころは相当に落ち着きのないやんちゃ坊主であったことが知られています。「生きる力」にみなぎる男の子は後からぐんぐん伸びるのです!

出典: 男の子は「育てにくい子」ほどよく伸びる! [男の子育て] All About

「男の子だから○○」とステレオタイプな見方をしない

「男の子は片づけができないのよねえ」「女の子は算数が苦手だから」、子供の前で、そんな言葉を繰り返し口にしていませんか? こうしたステレオタイプを強調されることで、子供達がその通りの結果を出してしまう研究結果があります。

出典: 跳ね返せ!子供の力を狭める「ステレオタイプの脅威」 [子育て] All About

お下品な言葉を叫ぶ子への基本姿勢は「だから、なに?」

「うんこ」「ちんこ」と、デパートで、駅で、公園で、いきなり得意気に下品な言葉を叫ぶ我が子。よその子なら微笑ましく見ていられても、親としてはたまったものではありませんよね。でも、これは子どもの成長のサインなのです。

出典: 「うんこ」「ちんこ」と叫びたがる子どもへの対応法 [子育て] All About

学習に関して男子には「大きな夢を持たせる」ことが大切

男子校・女子校の先生たちによると「男子には大きな夢を持たせることが大事、女子には現実的な具体的目標を持たせることが大事」「男子の場合は挑戦意欲を刺激することが大事、女子には安心感を与えることが大事」などと、男女では効果的な学習方法に違いがあることが分かります。

出典: 東大合格上位校にはなぜ男女別学校が多いのか [男の子育て] All About

マザコンは回避!息子溺愛ママも思春期になったら距離を置こう

どこかの国には「母にとって、娘は永遠の友達、息子は永遠の恋人」なる言葉もあるとか。ある家族心理学の専門家によると、思春期になっても母親が息子を手放せないと、子供の正常な発達を妨げて将来に大きな影を落としてしまうのだそう。

出典: マザコン育成中?息子ラブ母の傾向と対策 [子育て事情] All About

女の子の育児は楽、というわけではない

女の子のママにはそれ特有の悩みがある

「母・自分・娘」の間では、自分の母親を自分と重ね、自分の姿を娘に重ねるといった「投影」が起こりやすく、これが親子関係を悪い方へ展開させてしまうことも。男の子のママの「私とは違って当然」という視点が、女の子のママの場合、難しいのです。

出典: 女の子のママ特有の悩みとその乗り越え方 [子育て] All About

娘を分身のように思い人生を支配してしまうケースも

娘の人生を支配し干渉する母、娘と密着し、娘の行動に口を出す母――そうした母のもとで育ってきた娘たちには、大人になっても母から受けた「呪文」というプレッシャーから逃れられず、息苦しい人生を送っている人が少なくありません。

出典: “さびしい母”が娘を縛る「5つの呪文」 [ストレス] All About