セレブの間で愛されている、「ブロス」って?

24時間以上、コトコト火にかけて作り出されたブロスは、
体が温まるだけでなく、コラーゲンやゼラチン、グルコサミンなどが豊富で、美容と健康にいい要素がたっぷり。【ページ停止】

リンク: NYで注目、「旧石器時代」出汁スープ - モードな街角 - 朝日新聞デジタル&w

素材の味を生かした出汁スープ。それが「ブロス」

素材の味を生かした出汁スープ。それが「ブロス」

長時間コトコトと煮ることで、食材の持つうまみと魅力を存分に引き出した、シンプルなスープ「ブロス」。日本で言うならば「だし」のことで、とくに豚骨や牛骨からとったブロスは、コラーゲンやグルコサミンが豊富で、美容に効果大と人気を集めています。【ページ停止】

出典: NYで注目、「旧石器時代」出汁スープ - モードな街角 - 朝日新聞デジタル&w

期待以上!? ブロスの効果はスゴかった!

毎日少量を飲むだけで、アンチエイジング効果も期待大!?

では「ブロス」にはいったいどんな効果があるのでしょう。まずはちょっとお勉強からスタート! ちなみに1日100ccを飲むだけで、驚くような効果が得られちゃうんです!!

出典: 欧米の2015年No1トレンド「骨ブロス」がスゴイ! [食事ダイエット] All About

最もベーシックなチキンブロスから作ってみよう!

まずはベーシックなチキンブロスからお試しあれ

手羽元、セロリ、玉ねぎを塩コショウ少々とともにコトコトと煮込むだけで完成。コラーゲンや動物性たんぱく質が豊富だから、腹持ちもよく、ダイエット時のちょい飲みドリンクにもおすすめです。

出典: 2/2 欧米の2015年No1トレンド「骨ブロス」がスゴイ! [食事ダイエット] All About

野菜のブロスは抗酸化成分満載

野菜を使ったブロスのレシピはこちら!

チキンやビーフといった骨ベースのブロスは、毎日飲んでいるとどうしても飽きがきやすいもの。野菜を使ったブロスなら、毎日の食事に取り入れやすく、作り置きしておくと重宝します。

出典: 話題のベジブロスを作ってみよう! [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

野菜のブロスを使ったスムージーも美味!

ベジタブルブロスを凍らせておき、フルーツとアーモンドミルクとともにシェイクすればスムージーが完成! 野菜の栄養がたっぷり取れる、デザート代わりにいただきたいおしゃれドリンクが完成します。

出典: 【ELLE a table】ベジタブルブロスの桃スムージーレシピ|エル・オンライン

たっぷり時間がある日は、ビーフやポークのブロス作りに挑戦を

まるっと1日、お休みがある日は、ビーフブロスやポークブロス作りにチャレンジしてみましょう。上で紹介したチキンブロスの作り方をベースに、牛肉や豚肉に置き換えればOK。
チキンよりも臭みが出やすいので、長ねぎ1本、にんにく1片を加え、3~4時間ほど煮込めば出来上がりです。
ザルにキッチンペーパーを敷いて漉したら出来上がり。

冷蔵庫で保存しておき、必要な分をマグカップに注いでレンジで温めていただいてみてください。

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項