まずは疲労の正しいメカニズムを知ろう!

「乳酸じゃなかった!」疲労の原因は活性酸素!

「乳酸が疲れの原因」なんて、古い都市伝説に惑わされている人、いませんか~? 正しい疲労のメカニズムを知ることこそが、疲れをきちんと払拭するための近道っ。疲労を起こす「活性酸素」を取り除き、体内の酸化を抑えることこそが、疲れを残さないマストな療法だったんです!

出典: “疲労”を感じるメカニズム|疲労回復・疲れ対策にイミダペプチド

疲労の原因から体を守る、「イミダゾールジペプチド」を味方につけよう!

イミダゾールジペプチドを味方につければ、翌朝スッキリ!

疲労回復物質として、現在、最も注目されているのがイミダゾールジペプチドというアミノ酸。体の老化や生活習慣病からも体を守ってくれる優れモノだからこそ、毎日の食生活に取り入れたいもの。実は、脳の健康にもイイらしいんです!!

出典: 疲労回復・脳機能にも?イミダゾールジペプチドとは [食と健康] All About

『イミダゾールジペプチド』は200~400mgを毎日摂取するのが理想とされています。
実は、とても身近な食材にイミダゾールジペプチドは含まれています。その食材は「鶏胸肉」です。
鶏胸肉のおよそ約100gに、200mg分の『イミダゾールジペプチド』が含まれているのです。

リンク: イミダゾールジペプチドの効果的な摂取法|疲労回復・疲れ対策にイミダペプチド

1日の必要量をを鶏むね肉に換算すると、わずか60~100gでOK。唐揚げなら3~4個程度の量なので、作るのも食べるのも苦労することなく食事に組み込むことができちゃうんです!

イミダゾールジペプチドの効果的な摂取法って?

「イミダゾールジペプチド」が最も力を発揮するのは摂取開始数日後から、継続摂取した2週間後以降ということが分かってきました。疲れた時にすぐ取るだけでは、せっかくの抗疲労効果もその力が存分に発揮されないのです。「疲労」に打ち克つ体になりたい! そう思われた方、ぜひ2週間『イミダゾールジペプチド』を摂取し続けてください。

出典: イミダゾールジペプチドの効果的な摂取法|疲労回復・疲れ対策にイミダペプチド

さっそく毎日の食生活に、イミダゾールペプチドが豊富な食品を取り入れよう!

たっぷり作って保存!! 鳥ハムは鶏むね肉料理の優等生!!

冷蔵庫で寝かせる作業はあるものの、作り方はいたって簡単! ポン酢や、今話題の怪味ソースでいただいても美味な鳥ハムは、和食にも洋食にも中華にも添えられる、万能鶏むね肉料理なんです!

出典: 人気抜群!! 鳥ハムの作り方 [毎日のお助けレシピ] All About

お豆との組み合わせで、最強のヘルシーメニューに!

片栗粉をまぶして焼いた鶏むね肉を、食物繊維、たんぱく質、カルシウムが豊富なミックスビーンズとともに炒めればOK! 見た目も可愛らしく、ケチャップの風味が食欲をそそるので、小さなお子さんからおじいちゃんおばあちゃんまで、みんなで楽しめる一品です。

出典: 味つけ簡単!しっとり鶏胸肉とお豆のケチャップソテー [簡単一汁三菜レシピ] All About

仕事帰りで時間がない! そんなときはレンチンで疲労軽減

レンジにかけるだけでOKのいわゆる“手抜き料理”だけど、ワインをかけて蒸しあげるので、鶏むね肉がとってもジューシーな一品に早変わり! 野菜の甘さが引き立つうえに華やかさもあるので、パーティー等にもおすすめのレシピです。

出典: レンジでチン!野菜たっぷりとりむね肉の白ワイン蒸し [毎日の彩りごはん] All About

もりもり食べたいときは、野菜と合えてサラダ仕立てに!

鶏むね肉とブロッコリーを用意すればOKの和風サラダを作ります。生姜をほのかにきかせた、さっぱりとしたドレッシングで、ついつい食べ過ぎてしまう美味しさです! ブロッコリーはβカロチンやビタミンB、ビタミンC、ビタミンEを含む健康野菜。たっぷり食べて疲労回復はもちろん、アンチエイジング効果という恩恵も受けちゃいましょう。

出典: ボリューム満点!ブロッコリーと鶏胸肉の和風サラダ [シンプル和食レシピ] All About

乳酸菌の効果もプラス!! やわからジューシーな唐揚げが完成!

淡泊で、パサつきがちな鶏胸肉は、塩ヨーグルトに漬けて揚げちゃいましょう! ヨーグルトの効果で、驚くほどふっくらとジューシーに! チリパウダーを加えれば、ビールが進むおつまみにもなります。冷めても美味しいので、お弁当にもピッタリ!

出典: 鶏胸肉のスパイシー塩ヨーグルト唐揚げ [世界のおうちご飯] All About