「助けてほしい」の一言が言えない

困っているのに他人に助けを求められない、「頼ってはいけない」と考える人は多いもの。誰かにちょっと相談すれば、小さなヒントから問題が解決したり、小さなサポートから負担がぐんと楽になったりものですが、その一言が言えずに問題を抱え込んでしまい、疲弊してダウンしてしまう人も少なくありません。

リンク: 職場の中で「ちょっと助けて」の一言を言いにくいわけ [ストレス] All About

職場の中で「ちょっと助けて」の一言を言いにくいわけ

友達や家族には、気軽に「ちょっと聞いて」「つらいから手伝って」と言えるのに、職場では言いにくい……。こんな悩みを持っている人は多いもの。それはどうしてなのでしょう? 誰もが相談し合い、助け合えるために必要なこととは?

出典: 職場の中で「ちょっと助けて」の一言を言いにくいわけ [ストレス] All About

自分よりも誰かのために尽くしてしまう

環境や人間関係に適応できずに支障が出ることを「不適応」といいますが、一方で、合わせすぎて支障が出ることを「過剰適応」といいます。

過剰適応の状態が続くと、達成感や周囲の評価が麻薬のような興奮剤となり、心身の疲労にも気づきにくくなります。そのため、健康を害してまで、自ら負担を増やしてしまうことも少なくないのです。

リンク: 断れずについ頑張りすぎてしまうのはなぜ? [ストレス] All About

断れずについ頑張りすぎてしまうのはなぜ?

何かを頼まれたとき、断れずにたくさん引き受けすぎてしまうクセがありませんか? それほどまでに、頑張りすぎてしまうのはなぜ? その原因と対策について考えましょう。

出典: 断れずについ頑張りすぎてしまうのはなぜ? [ストレス] All About

「○○な人は、ダメ」など、何かと決め付けてしまうクセがある

「Not OK」の視点を持つことは、とてもストレスのたまることです。「私はNot OK」と自己否定すれば他人からは攻撃されにくいですが、自信をなくします。「あいつはNot OK」と他者否定すれば自分が傷つくことは避けられますが、友だちをなくします。「私もあいつもNot OK」と両方否定すれば、期待して落胆するリスクはありませんが、人生は暗闇になります。

リンク: 競争社会のストレスに勝つ!「私もあなたもOK」発想 [ストレス] All About

競争社会のストレスに勝つ!「私もあなたもOK」発想

「あいつはダメ」「あの人はすごいけど、自分はダメ」。競争社会の世の中を生き抜くために最も必要なのは、闘争心ではありません。実は、「私もあなたもOK」という発想なのです。この意外な発想が不要なストレスをなくし、結果的に競争社会での勝利をもたらすメカニズムについてお伝えします。

出典: 競争社会のストレスに勝つ!「私もあなたもOK」発想 [ストレス] All About

「あの人」と「あの時」にいつまでもイライラしている

「絶対こうするべきだよ」と他人に何度も勧めたり、「なんでそんなことするんだよ!」と他人をなじってみたことで、相手を100%変えられるとは限りません。他人の気持ちは他人のものです。本人が納得すれば変わるでしょうが、他者の働きかけで必ずしも変えられるとは限らないのです。

リンク: 変えられない「他人」と「過去」に悩むより大切なこと [ストレス] All About

変えられない「他人」と「過去」に悩むより大切なこと

他人のことで苛立ち、過去のことにクヨクヨするのが人の常。しかし、他人と過去に悩んだところで、何かが変わるでしょうか? ある米国の精神科医の名言を元に、「変えられないもの」「変えられるもの」の仕分けをしてみましょう。

出典: 変えられない「他人」と「過去」に悩むより大切なこと [ストレス] All About

自分の「できないこと」ばかりに注目してしまう

ハイレベルな環境に進んだ途端に、「自分はダメだ」と劣等感を強くしてしまうのはなぜか? その原因一つに、その人自身の持つ「自己肯定感」「自己効力感」の低さがあると思います。自己肯定感とは、「どんな状況にあっても私はOK」という自信。そして自己効力感とは、「私にはできる」という自信です。

リンク: 優等生タイプほど劣等感が強いのはなぜ? [ストレス] All About

優等生タイプほど注意したい「かくれ劣等感」

成績トップの優等生から、なぜか「私なんて」「しょせん」といった劣等感めいた言葉を聞くことは、意外に多いものです。明晰な頭脳、優秀な成績を手にしているのに、どうして強い劣等感を持っているのでしょう? そして、劣等感を根付かせないためには、どんな対応が必要なのでしょう?

出典: 優等生タイプほど劣等感が強いのはなぜ? [ストレス] All About

つい自分を大きく見せて疲れてしまう

「大きく見せなければ」と頑張りすぎると、自分自身でもとても疲れてしまいます。しかも、周りからは引いた目で見られ、「小さな自分」をより強く印象づける結果になってしまうことも……。「大きく見せなければ」と頑張る姿は、周りの人に緊張感と違和感を与えてしまうのです。

リンク: つい自分を大きく見せて疲れないための4つのポイント [ストレス] All About

つい自分を大きく見せて疲れないための4つのポイント

仕事や友だち付き合いのなかで、つい自分を大きく見せてしまい、その結果、心が消耗していませんか? そんなストレスから解放され、自分を楽にするための、自分自身の受け止め方や他人との付き合い方のヒントをお伝えします。

出典: つい自分を大きく見せて疲れないための4つのポイント [ストレス] All About