1.最低でも開始1時間前には試験会場に到着する

国家資格試験は、想像以上に厳格に行います。試験20分前にはテキスト類はしまうように言われ、携帯電話も電源を切り、あらかじめ用意された封筒に入れるように指示されます。そこから試験開始の5分前くらいまで重く張りつめた時間が試験会場を支配し、試験監督員が受験票を確認しながら試験問題とマークシートを配布する紙がすれる音が聞こえてくる。

リンク: 宅建に合格できない理由・試験当日のNG行為 [宅地建物取引士(宅建)試験] All About

私は、方向音痴だったりするので、3時間前くらいには試験会場に行くようにしています。まずは試験会場に行き、自分が受験する教室の場所を確認しましょう。その上で、付近の喫茶店などに入り、コーヒーでも飲みながらテキストとノートを開きましょう。

リンク: 宅建に合格できない理由・試験当日のNG行為 [宅地建物取引士(宅建)試験] All About

2.ギリギリまで復習。それも悪あがきではない、良いあがき方で!

これまで使ってきたボロボロになったテキストを必ず試験会場に持参しましょう。特に宅建業法や法令上の制限、5問免除科目の暗記がまだ十分でない方は、3時間くらい前に試験会場の喫茶店などに入り、時間ギリギリまで勉強しましょう。

リンク: 宅建に合格できない理由・試験当日のNG行為 [宅地建物取引士(宅建)試験] All About

「まだ覚えていない……」と焦る気持ちはわかるのですが、ただ闇雲に情報を確認し、入れようとしても、逆に整理されないまま混乱してしまう危険があります。正しくあがくためには、まず、自分が何を覚えていないのかを明確にしてから、テキストにしろ問題集にしろ見ることです。

リンク: 10分漬け記憶術―試験会場での良いあがき方 [記憶術] All About

テキストには要点とかポイントとして、試験に出題されやすいポイントをまとめている個所があります(ないものは試験対策のテキストとしては不向きです)。そのポイントを試験当日に、暗記しているかどうかを確かめながら黙読してどんどん読み進んで行きましょう。その際、まだ正確に暗記できていない箇所をみつけたら、目を瞑り音読しながら指で書いて暗記しましょう。

リンク: 宅建に合格できない理由・試験当日のNG行為 [宅地建物取引士(宅建)試験] All About

3.開始直前や試験中に、軽く体を動かしたり深呼吸をする

寒さと緊張で体がかたくなり、さらに緊張が増して行くこともあります。そのようなときは、屈伸したり、背伸びをしたり、軽い体操をしたりするだけで、かなり緊張が解けます。また、体を動かすことで、血流が良くなり、脳に新鮮な酸素を含んだ血液がたくさん運ばれることで、記憶した知識を試験時間内で思い出せるようにもなります。

リンク: 宅建に合格できない理由・試験当日のNG行為 [宅地建物取引士(宅建)試験] All About

少しでも早くはじめたい気持ちをぐっと押し込めて、まずは大きく3回深呼吸して、一度頭の中を無にしましょう。また、人間は2時間連続での集中力は続きません。必ず、途中で数十秒だけでも休憩をとりましょう。その際も、首を回すなど軽く体を動かし、深呼吸して一度頭の中を無にして、次の問題に挑みましょう。

リンク: 宅建に合格できない理由・試験当日のNG行為 [宅地建物取引士(宅建)試験] All About

4.さあ、試験開始!合格に近づく解き方のポイント

まずは暗記科目から解くこと!

5問免除されていない方は統計問題から解きましょう。5問免除されている方は、税法、法令上の制限の科目で直前に暗記したものから解きましょう。試験開始の頭が真っ白になっている時は考える科目よりも暗記科目から解く方が、ケアレスミスが少なくなり、精神的にもベストです。

リンク: 宅建に合格できない理由・試験当日のNG行為 [宅地建物取引士(宅建)試験] All About

わからない問題はどんどん飛ばす!

宅建試験は、約30問程度は過去に出題されている簡単な問題です。難しい問題を飛ばしてその簡単な30問から解いて行きましょう。飛ばすときは、「後で考えれば解けそうな問題」「二択で悩んだ問題」「まったく勉強していないところからの出題」というように分けて、自分でわかるように問題にしるしをつけておきましょう。

リンク: 宅建に合格できない理由・試験当日のNG行為 [宅地建物取引士(宅建)試験] All About

見直ししたときに最初の解答と違ったら…

法律は、仮に条文や判例を知らなくても、法の趣旨を理解して、事件を具体的にイメージできれば、自ずと正解がわかったりするものです。したがって、試験開始間もない緊張の中で急いで解いた解答と、後で時間に余裕ができた段階でじっくり考えて出た解答が異なっていたら、後者を選んだ方がよいでしょう。

リンク: 宅建に合格できない理由・試験当日のNG行為 [宅地建物取引士(宅建)試験] All About

5.もちろん前日の睡眠と当日の朝食も重要ですよ!

睡眠にはリズムがあり、寝ついてから1時間半ごとに眠りが浅くなります。起床予定時刻から6時間や7時間半を差し引いて就寝時刻を決めると、朝にスッキリ目覚められます。ただし、受験日の朝に早起きしようとして、いつもの就寝時刻より2時間も前に寝ようするのは止めましょう。

リンク: 合格率UPを目指す! 受験直前の睡眠&目覚めのコツ [睡眠] All About

朝食には、必須アミノ酸のトリプトファンを多く摂りましょう。トリプトファンは、乳製品や豆類に多く含まれています。体内でトリプトファンから、気持ちを落ち着かせ、覚醒度を高める働きがあるセロトニンが作られます。カフェインは、脳の中で睡眠物質の働きをブロックしてくれます。朝ごはんを食べられないときには、コーヒーやお茶を飲んでシッカリ目を覚ましましょう。

リンク: 合格率UPを目指す! 受験直前の睡眠&目覚めのコツ [睡眠] All About