生理前のむくみ|その原因は黄体ホルモンだった!?

元々女性は、男性よりもむくみやすい身体の作りになっています。筋肉が血液を運ぶポンプ機能として作用しますが、女性は筋肉量が少ないため、そのポンプ機能が低下しがち。そうすると全身に血液が上手くめぐらず、血管の外側の組織に余分な水分がたまり、むくみの原因となってしまうのです。

リンク: 生理前のむくみを解消する秘訣 [ビューティティップス] All About

加えて生理前や生理中に、いつも以上にむくんでしまうという女性は多いのではないでしょうか。これは、お酒を飲んだ翌日のむくみや、夕方の足のむくみとは原因が異なります。生理前になると、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンが多く分泌されることで引き起こされるむくみです。

リンク: 生理前のむくみを解消する秘訣 [ビューティティップス] All About

プロゲステロンは、女性の体を妊娠状態に保つ作用があるため、水分を溜め込んだりしてむくみやほてりを起こします

リンク: 意外と知られていない・・・「女性ホルモン」の真実 | 顔のたるみ研究所

受精卵が着床したベットをやわらかくしようと体に水を溜め込むために肌の潤いはアップする一方でむくみやすく、紫外線による刺激から細胞を守ろうとするためにメラニンが増えてシミができることもあります。

リンク: 意外と知られていない・・・「女性ホルモン」の真実 | 顔のたるみ研究所

排卵後~月経前は特にむくみやすい!

生理前のむくみの原因となるプロゲステロン(黄体ホルモン)は、排卵後からその分泌量が増加してきます。卵子を排出した卵胞が”黄体化”し、黄体ホルモンを分泌するようになるからです。そこで排卵日~月経前の間は、食生活に気を付けたりマッサージをしたりして、生理前のむくみを予防・解消していきましょう!

むくみの予防・解消に効果的な食べ物

ホルモンバランスと食生活には大きな関わりがあります。栄養バランスの悪い食事を摂り続けることでホルモンバランスが乱れると、それに伴い自律神経にも影響を及ぼすこととなります。バランスのよい食生活を心掛け、さらに、ホルモン分泌の変化(月経周期)に応じて必要な栄養素をプラスすることで、女性ホルモンバランスを整えるよう意識しましょう。

リンク: 意外と知られていない・・・「女性ホルモン」の真実 | 顔のたるみ研究所

ひじきやレバー、小松菜、煮干しなどに多く含まれる鉄や、カルシウム、マグネシウムなどは、血液や子宮内膜に不可欠な成分です。女性は毎月月経があるため、常に食事からこれらの栄養素を摂っておくことが必要ですが、この時期はより意識して摂ることをおすすめします。

リンク: 意外と知られていない・・・「女性ホルモン」の真実 | 顔のたるみ研究所

排卵日~月経前は、鉄分や食物繊維を積極的に摂取するといいのですね!

また、この時期は黄体ホルモンの影響で、むくみや便秘に悩む女性が増えます。そのため、腸の動きを活発にする食物繊維や発酵食品を摂ってデトックスも意識しましょう。

リンク: 意外と知られていない・・・「女性ホルモン」の真実 | 顔のたるみ研究所

むくんでいるからといって水分を控えてしまうのは逆効果です。水分を過剰に控えると、血液中に必要な水分が足りなくなってしまいます。身体を冷やさないように夏でも常温や温かい飲み物で、1日1~1.5リットル位の水分を目安に摂取しましょう。

リンク: 生理前のむくみを解消する秘訣 [ビューティティップス] All About

漢方も効果的!

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

「当帰芍薬散」(とうきしゃくやくさん)は、生理トラブルに対して処方されることが多い漢方薬です。むくみにはもちろん、倦怠感、冷え性、腹痛といった女性に多い症状にも効果的!食事の1時間前に服用すると有効成分がよく吸収され、高い効果が得られます。

出典: 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) [漢方・漢方薬] All About

マッサージでむくみを解消!

放置は危険!マッサージで顔のむくみ を改善

生理前のむくみは、ホルモンの作用によって体に水分や老廃物が溜まるのが原因です。そこで顔のむくみが気になる場合には、リンパマッサージをしてこれを改善しましょう。リンパや静脈の流れに沿って軽くマッサージをすることで、むくみがスッキリします!

出典: 放置は危険!たるみにつながる顔のむくみ [ビューティティップス] All About

脚ツボマッサージで冷え・むくみ・たるみを解消!

生理前のむくみを解消するには、足の付け根やひざ、足首から足裏にかけて存在するツボをマッサージするのも効果的です。ピンポイントでツボを刺激することで、効率よく脚のむくみを改善していきましょう!

出典: 冷え・むくみ・たるみを解消!脚ツボマッサージ [フットケア] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項