優先順位を決めてみる!

いっぺんにやろうとせずに、優先順を決めて少しずつ進めていくことが大切。毎日必ず使う洗面台、身近なテーブルの上など、取りかかりやすい所から始めましょう。どこか一カ所がきれいになると、張り合いが出てきます。そして、きれいな所を徐々に広げていくつもりで、焦らずに片付けていきましょう。

リンク: 3/5 片付けられない!悩み5パターンと解消法 [収納] All About

最初に取りかかりたい場所は?

なんとなく出しっぱなしになっているモノを片付けよう

どうせまた使うからと出しっぱなしになっているモノ多くないですか?確かにすぐ使うからという理由はもっともですが、それをほうっておくと部屋がどんどん雑然としてきてしまいます。手順としては、まずは場所を決めて出しっぱなしを解消することがコツです。それがやる気の維持にもつながります。

出典: 片付けられない!悩み5パターンと解消法 [収納] All About

ワードローブの点検をする

洋服は毎日着るモノなので、部屋の中でも大きく場所をとってしまうモノの1つではないでしょうか。一度本当に必要なのか、必要でないのか点検し、何年も着ていない服や今の時点で必要ない服は思い切って捨てる勇気も必要です。スッキリとした部屋の片付けがしやすい部屋につながります。

出典: 4/5 片付けられない!悩み5パターンと解消法 [収納] All About

場所を決めずに置いて山済みになってしまっているモノは定期的に整理する

とりあえず置いた場所に、いつのまにかモノが山積みになってしまっていることないですか?その場合はある程度期間を決めて整理することを習慣にすると、後々の部屋の片付けが楽になります。

出典: 5/5 片付けられない!悩み5パターンと解消法 [収納] All About

簡単に無理なくできる手順と収納方法を知ろう

普段の習慣から使いやすさで収納を決める

整理された状態を維持するためには、自分の普段の動きにあった収納をする必要があります。いつもと同じ動作の中で、無理のない収納をすれば、きれいな状態を保つことができるようになり、やる気の持続にもつながります。使う頻度の高いモノから取り出しやすい収納場所を決めましょう。

出典: 2/2 「決める」「戻す」で片付け上手 [インテリアコーディネート] All About

玄関から部屋までの動線上に片付ける場所を作る

帰宅後、いつもなら脱ぎ捨ててしまう服をハンガーにかけられるようにしたり、鞄を置けるフックを作るなど、その動線上に収納場所を作ることで、簡単に部屋の片付けが習慣化できます。

出典: 2/3 片付く家の間取りに大事な収納3つのルール [住宅設計・間取り] All About

簡単に取り出しやすい収納を心がける

扉を開けて、さらに箱を開けて入れるなど、しまいにくい場所に収納を作ると、片付けをやる気がうせてしまいがちです。オープンな収納で見やすくすることで片付けがより簡単にできるようになります。

出典: 2/2 片付け下手が考えるすっきりわが家への道 [長期優良住宅] All About

本は一度全部出して並べてみる

本棚から一度本を出して床に並べてみると、以外ともう読まない本が見つかったり、買ったのに読んでなかった本などがでてきたりすることがあります。読まない本は思いきって捨てることでスペースがあきますし、自分がどんな本を持っているかという確認にもなります。整理も一緒にできてしまうのでこの方法はとてもお勧めです。

出典: 2/3 本棚がたちまちスッキリ! 無敵の片付け法 [収納] All About

100均アイテムを使って種類別に整理する

洗面所周りや台所の下はごちゃごちゃしやすい場所なので、100均アイテムを使って種類別に整理するのがコツです。どこに何があるか一目瞭然ですし、モノが取り出しやすくなるのでとても便利です。

出典: 片付け下手さんが100均収納に初挑戦! [収納] All About

どうしても捨てられないモノは捨てなくてOKです

整理してもどうしても捨てることができないモノありますよね?そんな場合は捨てずにとっておくのも1つの方法です。その場合ただしまうのではなく、ビンの中に入れたり、額に入れて飾るというような見える収納をすると忘れないし、鑑賞できるので、一石二鳥です。

出典: 2/2 捨てずにスッキリ飾る方法・ベスト5 [収納家具・棚・タンス・シェルフ] All About