1. 元本保証が魅力!退職金専用の定期預金

定期預金の25倍の利息も!?「退職金優遇定期預金」

「退職金専用定期」の商品案内で真っ先に目に飛び込んでくるのが、びっくりするような高い金利。魅力的な金利を提示する金融機関が増えています。主流は3カ月定期預金で、当初期間は高金利。しかし満期後には、金利は店頭表示金利にダウンします。高金利のメリットを賢く利用するには、短期間の利用がおすすめ。※リンク先の金利等の情報は公開当時のもの

出典: 1年以内に使うお金なら「退職金優遇定期預金」は有利 [定年・退職のお金] All About

預ける銀行によって1年後の残高が変わってくる

「どの銀行も金利に大きな差はない」と思っている方も多いのでは? ところが、退職金専用の定期預金は、どの銀行に預けたかによって、1年後の残高が大きく変わってきます。お目当ての銀行をいくつかピックアップし、最新の金利で1年後の金額をシミュレーションしてみましょう。※リンク先の金利等の情報は公開当時のもの

出典: どれがお得?退職金専用定期の金利をチェック! [定年・退職のお金] All About

2. 一部を手堅く運用にまわす

「退職金で投資デビュー」は危険!最低限チェックすべきこと

退職金を運用して増やそうと考えるのは、豊かな老後を送るために必要なこと。高い利回りの投資商品はとても魅力的。ただし、これまで投資経験がない人はすぐ行動に移してはいけません。大切な退職金を確実に増やすには、まず情報収集をして知識を得ることから始めましょう。 

出典: “老後ビンボー”を防ぐには退職金の運用が決め手 [定年・退職のお金] All About

短期的な勝負はNG。10年を超える長期スタンスで着実に

資産運用とは、10年を超えるような長期スタンスで行うものです。元本の保証はありませんから、甘い気持ちではできません。また、一つの資産に集中すると、価値の変動が大きくなるため、いくつかの投資対象を持つことが大切です。初心者の方は、まずは10万円の投資で「リスク」と「うま味」を体験してみませんか? 

出典: はじめの一歩!10万円で資産運用を始めるなら [資産運用] All About

3. まとまった金額をラップ口座に

富裕層だけのものじゃない「ラップ口座」の仕組みとは

最近ジワジワと人気を集めている「ラップ口座」をご存じですか?証券会社や信託銀行が個人と契約して、資金の運用から管理、投資アドバイスまでを丸ごとお任せするサービスのこと。 かつては富裕層を対象とした資産運用サービスでしたが、近年ハードルが下がり、利用者が増えつつあります。元本と利回りの保証はありませんが、メリットもあります。

出典: 「ラップ口座」とは? [株・株式投資] All About

4. 定期預金と投資信託の組み合わせ商品を利用

定期預金と「退職金運用商品」の組み合わせで利率アップ

退職金専用の定期預金と、投資商品を組み合わせることで、さらに高い利率も期待できます。なぜなら、そこには「リスク」が発生するからです。金融機関によって金利や利用条件、組み合わせ商品などが異なるため、利用の際は目的を明確にすることが重要です。

出典: 退職金運用金融商品ってお得なの? [定年・退職のお金] All About