近年注目が集まっている「マインドフルネス」

この瞑想、海外では「マインドフルネス」と呼ばれ、グーグルやインテルなど、ストレス対策として社員研修のメニューに取り入れる企業が増えています。
アメリカの雑誌「TIME」でも特集が組まれるほどの人気です。
そして日本でも、先週、精神科医や臨床心理士などが集まって、学会のシンポジウムが初めて開かれました。
治療に生かせないかと、期待が集まっているのです。

リンク: 注目集まる理由は?|特集まるごと|NHKニュース おはよう日本

Googleは2005年頃からマインドフルネスに関する社内ワークショップを社員に実施。2007年には瞑想などの手法を取り入れた「サーチ・インサイド・ユアセルフ(Search Inside Yourself)」というプログラムを立ち上げて本格的に展開している。

リンク: 【体験】Googleが実践する注目のマインドフルネスとは [大学生の就職活動] All About

2007年から8年間で5000人以上の社員がトレーニングを受け、世界に5万人いるGoogle社員のうち10人に1人が日々の業務の中で瞑想を実践する規模にまで達したようだ。

リンク: 【体験】Googleが実践する注目のマインドフルネスとは [大学生の就職活動] All About

で、結局マインドフルネスって何なの?

「マインドフルネス」とは「評価や価値判断にとらわれることなく、今の瞬間に意識を向ける」という心の状態を目指すことを意味する

リンク: 【体験】Googleが実践する注目のマインドフルネスとは [大学生の就職活動] All About

「今の瞬間に意識を向ける」??

自分の心が今どのような状態にあるのか?観察する訓練です

リンク: たったこれだけ? 瞑想で輝く自分を手に入れよう! [ヨガ] All About

瞑想と聞くと難しいような気がしますが、意識していなくても人それぞれの瞑想習慣を持っています。例えば、車を運転している時、お料理をしている時、編み物をしている時など、何かに集中していると、時の流れを忘れています。

リンク: たったこれだけ? 瞑想で輝く自分を手に入れよう! [ヨガ] All About

私たちの心は絶えず、未来に行って心配したり、過去に戻って悔んだりと、じっとしていることがありません。この心の活動を一時的に止めるのが、瞑想なのです。ですから、何かに没頭すると心が沈黙する=瞑想状態と思えば、そんなに難しく考えないですよね

リンク: たったこれだけ? 瞑想で輝く自分を手に入れよう! [ヨガ] All About

難しくないのは分かったけど…どんな効果があるの?

先ず第一は精神を安定させる効果があげられます。そして精神が安定した状態がどのような状態かを 自分自身に覚えさせることによって、どのような局面においても安定した心、すなわち平常心を取り戻せるように訓練していくのがメディテーションなのです。

リンク: たったこれだけ? 瞑想で輝く自分を手に入れよう! [ヨガ] All About

ほんの短時間集中するだけで、せわしなく動き回る心が静まり、自分というものが見えてきます。さらに自分の感情や思考を批判も称賛もせずに観察すると、自分を縛っていた感情や思考が消えていきます。

リンク: たったこれだけ? 瞑想で輝く自分を手に入れよう! [ヨガ] All About

必要ないものが取り払われると、本当に欲するものが分かってきます。つまり、自分にとって本当の幸福とは?自分の夢や目標が何であるかを見極められるようになり、自分に対する責任が持てるようになります。

リンク: たったこれだけ? 瞑想で輝く自分を手に入れよう! [ヨガ] All About

どうやって実践すればよい?

マインドフルネスは、瞑想を通して練習することが最も一般的です。瞑想では、まず呼吸に集中することが求められます。しばらく時間が経つと呼吸から注意がそれ、様々な感情や考えが湧いてきます。このとき、この感情や考えにとらわれはじめていることに気がつき、呼吸に注意を向け直すことを何度も練習していくのです。

リンク: 2/2 臨床心理士が教える!1日5分で始めるマインドフルネス [ストレス] All About

1日5分、まずは歩きながらでもできる練習方法から

1日5分、歩行に集中するだけでできる「歩行瞑想」と、耳から聞こえてくるものにたえず集中する「音を用いた瞑想」の2つの練習方法を紹介しています。

出典: 2/2 臨床心理士が教える!1日5分で始めるマインドフルネス [ストレス] All About

時間がとれるときは、本格的に姿勢を取ってみよう

足を組んだ蓮華座で本格的な瞑想にチャレンジ

瞑想といえばコレというポーズが「蓮華座」。時間が取れるときには、この姿勢にも挑戦してみても良いですね。ただ、蓮華座はとても難しいポーズなので、比較的かんたんなスカーサナ(安楽座)という姿勢も一緒に紹介しています。どちらか自分に合う方を選んでください。

出典: 2/3 たったこれだけ? 瞑想で輝く自分を手に入れよう! [ヨガ] All About