※こちらをBGMにして、気分を高めながらお読みください

Born to be wild - Steppenwolf

Get your motor runnin' Head out on the highway Lookin' for adventure And whatever comes our way Yeah Darlin' go make it happen Take the world in a love embra...

リンク: Born to be wild - Steppenwolf - YouTube

ハーレーが生まれた国・アメリカを走る

ハーレーでアメリカを走るために必要なこととは?

ハーレーダビッドソンを生んだ国をハーレーダビッドソンで走る――。ハーレー乗りにとって「夢」の一つでもありますが、手順さえ整えれば、誰だって実現できます! 国際免許証の取得方法やアメリカの交通事情、さらにはツーリングにおすすめのモデルなど、ハーレーでアメリカを走るための基礎をお伝えします。

出典: ハーレーダビッドソンでアメリカを走るための基礎知識 [ハーレーダビッドソン] All About

日本と異なり、アメリカのハーレーダビッドソンモデルは本来の力を最大限に発揮するセッティングになっているので、ノーマルモデルと言えどかなりパワフルな走りを味わうことができます。日本では決して味わえない壮大な風景とハーレーダビッドソンの存在意義が体感できるアメリカ。ハーレーを愛する者ならば、人生で一度は体験してみてほしい。

リンク: ハーレーダビッドソンでアメリカを走るための基礎知識 [ハーレーダビッドソン] All About

ハーレーで巡るアメリカのツーリングスポット

ハーレーだからこそ味わえる壮大な景色

日本では味わえない壮大な景色や空気、ありとあらゆる“アメリカそのもの”を堪能するには?実際にガイドが走ったハーレー旅の見どころをご紹介。

出典: ハーレーで行く! アメリカツーリングのスポット紹介 [ハーレーダビッドソン] All About

ハーレーダビッドソンほどルート66に似合うモーターサイクルはありません。なぜならば、100年以上の歴史を持つ数少ない“アメリカの象徴”たるモーターサイクルであり、進化すれどハーレーダビッドソンらしさは消えていないその姿は、ノスタルジックな街並やロードと同じ雰囲気を醸し出しているからです。

リンク: ハーレーで行く! アメリカツーリングのスポット紹介 [ハーレーダビッドソン] All About

ファンなら「ハーレーダビッドソン ミュージアム」にも!

ウィスコンシン州にあるハーレーの聖地

110年以上の伝統を語り継ぐ「ハーレーダビッドソン ミュージアム」も、ハーレー好きなら行ってみたい聖地。偉大な歴史を物語る巨大施設の見どころをレポートします。そこには、「忘れてはいけない日本の出来事」と関係するハーレーも展示してあります。

出典: ハーレーダビッドソン ミュージアムをめぐる [ハーレーダビッドソン] All About

東日本大震災にて、コンテナごと北米大陸に漂着した宮城県に住む(当時)日本人オーナーのハーレーダビッドソンも展示されています。車種はFXSTB ナイトトレインというソフテイルファミリーのモデルで、当初カンパニーがすべて修理(または新品のものに交換)して届けるつもりだったのが、オーナーが断ったため、ここに展示されることになりました。

リンク: ハーレーダビッドソン ミュージアムをめぐる [ハーレーダビッドソン] All About

ハーレー乗りはこちらの記事もチェック

最新ハーレー登場!2016年モデル試乗レポート

すでにハーレーに乗っている人も、これからハーレーに乗りたい人も、2016年最新モデルは要チェック!装いを新たにしたフォーティーエイトとアイアンがどんな進化を遂げたのか?その試乗インプレッションをお届け。

出典: ハーレー2016年最新モデルを試乗インプレッション! [ハーレーダビッドソン] All About