排除すべき5つのリスクファクター

<1>体罰

体罰は、子供がその場で痛い思いをするだけでとどまりません。犯罪心理学から見た、罰がもたらす影響についてご紹介します。

出典: 子どもに罰は必要? [子育て] All About

<2>親のDV

DVは夫婦間の問題だと思われがちですが、子どもたちも様々な形で暴力に巻き込まれています。DVは子どもたちの成長にどのような影響を与えるのでしょうか?

出典: 知っていますか? 親のDVが子どもに与える影響 [子育て] All About

<3>ネット依存

昔は存在しなかった「ネットいじめ」。相手が見えないゆえに凶悪化しがちなネットいじめの実態についてお伝えします。

出典: ネットいじめ対策は小さいうちからがカギ [子育て] All About

<4>暴力シーン

子供が大好きなテレビやゲーム。でも内容によっては注意が必要です。年齢によっても変わってくるその影響とは?

出典: テレビの暴力シーン

<5>孤独感 

少年犯罪の増加、低年齢化、凶悪化の背景にある現代の日本の子供達の多くが抱える心の闇とは? ユニセフが行った大規模調査を交えながら、急増する子供の問題行動の要因について言及していきます。

出典: 増える少年犯罪、非行、問題行動…その背景にある要因 [子育て] All About

子供を”悪”から遠ざける6つの保護ファクター

<1>ぬくもり

愛、優しさ、包容力、どれも目には見えませんが、子供には大きな力として届きます。アメリカの研究で新たに証明されたママのすごいパワーとは?

出典: ママの「声」の魔法 [子育て] All About

<2>寄り添い

突然始まるいじめ。もしわが子がいじめにあってしまったら、親はどう接すればいいのでしょうか?

出典: わが子がいじめにあったら伝えたい言葉5つ [小学校] All About

<3>親としての学び

連日報道される虐待のニュース。彼らは、なぜ我が子に手をあげるのでしょうか? その習慣を断ち切るために効果的な策をアメリカの研究データを交えてお伝えしていきます。

出典: 子供に手をあげてしまう理由、叩かない親になるには [子育て] All About

<4>防犯の合言葉「いかのおすし」

不審者から子どもを守りたい、でも具体的にどう指導していいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。子どもに伝えておきたい安全対策についてお伝えしていきます。

出典: 不審者から子どもを守るために親ができること [子育て] All About

<5>誇り教育

いじめ防止で一番なのは、「いじめをしたくない」と子供が思うこと。子供が自らに誇り、自尊心を持ってもらえる方法をご紹介します。

出典: 家庭の「誇り教育」でいじめをしない子を育てよう [いじめ問題・対策] All About

<6>ポジコミ

非行や少年犯罪はニュースになると注目を浴びますが、その根は幼少期にあることが多いもの。この記事では、小さなお子さんを持つママ向けの非行予防策として、「ポジコミ(ポジティブコミュニケーション)」を取り上げていきます。

出典: 子供を非行に走らせない! 2歳からできるママの心がけ [子育て] All About