時間がない!どうすれば効率があがる?

朝の時間帯を活用する

脳の特性から、朝は集中力が高まるといわれています。そんな時間に、どんな気持ちで1日を終えたいのかイメージすることは大切です。タスクリストを作ってみるのもいいかもしれません。

出典: 集中力を養い、仕事の質を高める時間術 [キャリアプラン] All About

後回しも時には重要

雑務に追われて、「本当にやるべきことに使う時間が作れなかった」という人は、一度雑務などを「後回し」にしてみてもいいかもしれません。かえって作業がはかどるということがあるそうです。

出典: 後回しでいいんです | For M

"作業記憶"を確保せよ

どんな作業にも「記憶」は使われています。この「作業記憶(ワーキングメモリ)」、ムダ遣いすると仕事の生産性が下がってしまいます。心配ごとなども、このムダ遣いの原因になりますが、それを解消する方法とは?

出典: 2/2 これで仕事もハカどる!注目の"作業記憶"って何? [記憶術] All About

「時間の見積もり」を立てる

お金が寄ってくる人は「時間の見積もりが立てられる」という特徴があるそうです。仕事の完成形をイメージし、各工程にどれだけの労力と時間が必要なのか、適切に判断するのがコツかもしれません。

出典: お金持ちが徹底する時間術のルール [お金持ちになれる財布と習慣] All About

効果的にメールを処理する

メールの処理時間は業務の多くを占めているのではないでしょうか。メールのチェック回数を決めたり、返信の優先順位などを考えることも処理時間の効率化には重要です。

出典: 効果的なメール処理法 [企業のIT活用] All About

そうは言っても徹夜したい…本当にそれでもいいですか?

徹夜した後の作業効率は下がる

やらなければならないことが多いと徹夜してしまいがち。もちろん、徹夜にもメリットはありますが、17時間以上起きていると作業能率は「酒気帯び運転」と同じレベルになってしまうといいます。

出典: 徹夜は損か得か? 徹夜のデメリットを減らす対処法 [睡眠] All About

まずはしっかり疲れをとる!

どんなに焦っても明日は来る。まずは疲れを取って、作業効率を高めることが重要です。忙しいCAが実践する快眠するためのコツは多いに役立つと思います。

出典: CAも実践!就寝前30分のぐっすり眠れる快眠のコツ3選 [ボディケア] All About