ジェルネイルとは?

ジェルネイルとは、ゲル状の樹脂をライトに照射して硬化させるネイルのこと。マニキュアよりも長持ちし、爪をつややかにキープできるところが人気の秘訣です。

ジェルネイルは爪の補強にも役立つため、二枚爪をはじめ爪の弱い人が自爪を伸ばす時にもオススメです。

リンク: 2/15 自分で楽しむ!ジェルネイルの基本 [ネイル特集] All About

【ジェルネイルのメリット】
①持ちがいい
ジェルネイルは、マニキュアと違って大体3~4週間持ちます。家事などで指先を酷使してもはがれにくいので、オシャレも楽しみたい主婦にもおすすめです。

②乾きが早い
マニキュアだと塗った後、乾くまでは手が使えませんが、ジェルネイルはライトを当てて数十秒で固まるので、うっかり触れてよれちゃった!なんてことがありません。

【ジェルネイルのデメリット】
①オフにちょっと手間がかかる
マニキュアの場合、除光液で簡単に落とせますが、ハードジェルの場合は、削って落とさなければなりません。
ソフトジェルの場合は、専用のリムーバーが必要です。表面を削って、リムーバーを染み込ませたコットンをアルミホイルで巻いて、数分待って…と、若干手間がかかります。

②お金がかかる
ジェルネイルをネイルサロンでやってもらうと、デザインにもよりますが、大体5,000~1万数千円かかります。オフにも別途料金が必要なサロンもあります。
セルフジェルネイルもジェル、ライト、筆、リムーバーなど道具が必要になるので、マニキュアに比べるとお金がかかります。

【参考】自分でできるジェルネイルのやり方・オフの仕方

初心者はネイルサロンでプロにやってもらうのがおすすめですが、自宅で自分でできるジェルネイルのキット・道具なども売っているので、セルフジェルを楽しむこともできます。
詳しいやり方・オフの仕方等はコチラをチェック!

出典: 2/15 自分で楽しむ!ジェルネイルの基本 [ネイル特集] All About

また、ジェルネイルには、「ハードジェル」と「ソークオフジェル(ソフトジェル)」の2タイプあります。

ハードジェルとは?

抜群の透明感と強度、また装着間が軽いということで親しまれています。こちらはリムーバーでは溶けず、はずす時はファイルで削って落とします。

リンク: 2/3 意外と知らない?! ジェルネイルの基礎知識 [ジェルネイル] All About

ソークオフジェル(ソフトジェル)とは?

ソークオフタイプのジェルが日本で広まった1番の理由は「リムーバーで落とせる」こと! 専用のリムーバーにはアセトンという成分が含まれており、このアセトンでジェルを溶かしてオフすることができます。

柔軟性があり地爪への負担が少ないのが特徴です。

リンク: 2/3 意外と知らない?! ジェルネイルの基礎知識 [ジェルネイル] All About

ソークオフジェル(ソフトジェル)にも「カルジェル」「バイオジェル」などいくつか種類があります。

カルジェルとは?

カルジェルは技術のクオリティを保つため、カルジェル講習を修了した方のみ扱うことができるソークオフジェルネイルシステムです。

リンク: Calgel カルジェル | カルジェルとは?

「カルジェル」はジェルネイル、ソークオフジェルの一種です。
カルジェルの講習を修了しないと施術もジェルの購入もできないので、基本的にはネイルサロンで施術してもらいます。

バイオジェルとは?

柔軟性と強度を両立することで、ある程度長さのあるスカルプチュアも可能。
ケア製品にも定評があり、ジェルの下の自爪をいたわりながら、ナチュラルジェルケアを行います。

リンク: リムーバーで取れるジェルネイル「バイオスカルプチュア」

「バイオジェル」もカルジェル同様、ソークオフジェルの一種です。
カルジェルと比べて硬さがあるので、爪が弱くて伸ばせない方も自爪にプラスして長さを出すことができます。

スカルプチュアとは?

一般的に『スカルプチュア』というと、『アクリリックネイル』と呼ばれるアクリルリキッドとアクリルパウダーを化学重合させたミクスチャーを使って作る人工爪のことを示しています。

アクリルリキッドを含ませた筆でアクリルパウダーを取ると化学重合が起き、ミクスチャーというドロドロとした固いクリーム上のものができあがります。これを爪の上に置いて、爪の形を作っていきます。

リンク: スカルプチュアはアクリル?ジェルネイル? [ネイルアート] All About

【参考】スカルプチュア詳細

スカルプチュアについて詳しく知りたい方はリンク先の記事をチェック!
ちなみに、左の画像は、スカルプチュアで爪の長さ出しをしているところ。指先に土台となるフォームを装着し、ミクスチャーを乗せて、固まると、まるで自爪が長く伸びたように見えます。

出典: スカルプチュアはアクリル?ジェルネイル? [ネイルアート] All About

ネイルチップとは?

ネイルチップは取りはずしができる付け爪で、両面テープかネイル用粘着剤などで貼り付けて使います。仕事や育児などで、普段爪が伸ばせない人にオススメです。また、自爪にネイルアートをするよりも低価格で、接着方法によっては何度でも使えるので経済的です。

リンク: ネイルチップのつけ方|ネイル情報サイト「ネイルマニア」

「ネイルチップ」は、ネイルサロンで作ってもらうパターンや、市販のすでにアートが施されたチップを購入して自分で付けるパターンなどがあります。
また、両面テープや粘着剤で付けるタイプ以外にも、「ワンタッチネイル」という種類もあります。

ワンタッチネイルとは?

ワンタッチネイルは両面テープやボンドを使用しないで爪につけられる新しいネイルジュエリーです。
約20秒で誰にでも簡単にネイルアートが楽しめます。
復活剤イースターを使用して、繰り返しお使いいただけます。

リンク: ワンタッチネイルとは | ワンタッチネイルは約20秒でネイル美人! OFFICIAL SITE ONE TOUCH NIAL

【ワンタッチネイルのメリット】
①簡単!ワンタッチ
アートが施されたチップを自爪に乗せるだけ! はずすのもゆっくり引っぱるだけ! 除光液など道具も不要で、その名の通り簡単”ワンタッチ”です。
仕事柄ネイルがNGの方も、アフター5や休日だけネイルを楽しむことができます。

②繰り返し使える
チップははずした後も繰り返し使うことができます。

【ワンタッチネイルのデメリット】
①水・油に弱い
手を洗う程度であれば問題ありませんが、炊事やプールはNGです。油分にも弱いので、ハンドクリームや油分の多い食べ物を扱う際は要注意です。