コンビニでも買える!頭がさえないときに食べたい食材

アイス ※朝に効果的

大手菓子メーカーと杏林大学の古賀良彦教授が共同で行った実験によると、寝起きの状態でアイスを食べると脳から高い周波数のα波が出てイライラ感が治まるとともに、脳全体がリラックスしてしっかりした覚醒度が上昇するそうです。ぜひ一度試してみては?

出典: 脳の活性化には朝〇〇〇が効果的! | For M

チーズ

チーズに含まれる「チロシン」は脳を活性化させてドーパミンや、ノルアドレナリンなどをつくり出す神経伝達物質の原料となります。ブドウ糖と一緒に摂取するとより脳に働くといわれているので、ブドウ糖のキャンディーと一口チーズを合わせて食べるとより効果的だと考えられます。

出典: 頭のよくなる食べ物 [早期教育・幼児教育] All About

チョコレートやココア

チョコレートやココアにふくまれる「テオブロミン」はカフェインと比較して興奮作用がずっと緩やかで、大脳皮質を刺激し、集中力、記憶力、思考力を高めます。また、自律神経を調節してリラックスさせる効果もあります。

出典: 頭のよくなる食べ物 [早期教育・幼児教育] All About

大豆食品

大豆には、「レシチン」やチーズと同じく「チロシン」という栄養素が含まれています。レシチンは、脳を活性化する働きがあり、チロシンにはノルアドレナリンやドーパミンの分泌を高める作用があります。最近は大豆を使ったお菓子がコンビニにも多く出ているので、摂取しやすいかも知れませんね。

出典: 2/2 ブレインフーズでストレスに克つ [食と健康] All About

牛乳やバナナ

牛乳やバナナに含まれる「ビタミンB1」は脳の中枢神経や末梢神経の機能を正常に保つ働きがあります。また、脳の重要なエネルギー源であるブドウ糖の代謝に欠かせないビタミンです。脳や神経に十分にエネルギーが供給されることによって集中力が向上するので、ご飯の後に合わせて食べるのが良いでしょう。

出典: 頭のよくなる食べ物 [早期教育・幼児教育] All About

【おまけ】"料理をすること"にも脳を活性化する働きが!

時間がある朝は、朝食を作って脳を活性化しよう

食べ物が健康に影響することはよく知られていますが、「調理が脳を活性化する」ことが科学的に証明されています。老化を防ぐともいわれているので、時間がある朝は自分が台所に立って料理をすることで、一日頭が冴えるかもしれませんね。

出典: 世界で初めて確認! 料理で脳は活性化する [食と健康] All About