日本からの直行便でらくらくアクセス

パリまで行ったら絶対見たい! ベルサイユ宮殿

急行鉄道でパリから一時間以内でアクセスできる世界遺産のベルサイユ宮殿。年間400万人が訪れるフランスを代表する観光スポットは豪華絢爛な宮殿かつフランスの歴史の象徴です。

出典: ベルサイユ宮殿 [パリ] All About

ローマの中にある外国。バチカン市国

国内だけでも見所が多いイタリアは、行くと決めれば一カ国に的を絞って直行すればいいのでアクセスは楽(ローマ、ミラノへの直行便あり)。ローマ市内にあるカトリックの総本山バチカン市国は、旅行の際に必ず訪れたいスポットです。

出典: バチカン市国 [世界遺産] All About

イスタンブールの変容する歴史を見届けたアヤソフィア

教会からモスクへ、時の流れとともに姿を変えて生き残った歴史的建築「アヤソフィア」は、イスタンブールの中心地に。一度は漆喰で上塗りされたモザイク画の数々は歴史の証人です。

出典: アヤソフィア博物館/イスタンブール [イスタンブール] All About

アムステルダムの中心地にあるアンネの隠れ家

アムステルダムの中心にある、ナチスの迫害から逃れるためにアンネ・フランク一家が住んでいた隠れ家は、現在は「アンネ・フランクハウス」として一般公開されています。オリジナルの日記も所蔵。

出典: アムステルダム アンネ・フランクハウス [オランダ] All About

ヨーロッパで一回乗り換えれば行けるスポット

東西ドイツと冷戦の名残。ベルリンの壁

現存するベルリンの壁が見られるイーストサイドギャラリーをはじめ、ベルリンの街には東ドイツと冷戦の面影を感じるスポットが多数点在しています。記事内では、壁関連の有名観光スポットから新しくできた施設まで紹介されています。

出典: ベルリンの壁をめぐる観光スポット [ベルリン] All About

ポーランドの古都クラクフから至近、アウシュヴィッツ強制収容所

一度は見ておきたい、負の遺産・アウシュヴィッツの強制収容所。ポーランド各地を組み合わせたツアーのほか、ヨーロッパまで足を伸ばせばLCCでも比較的簡単にアクセス可能。ポーランドの古都・クラクフから現地ツアーがあるので、この都市と一緒に組み合わせても。

出典: アウシュヴィッツ - ビルケナウ/ポーランド [世界遺産] All About

直球スペインカルチャーとイスラムのミクスチャー。スペイン南部

日本ースペイン間はマドリッドやバルセロナへ行くにも乗り換えが必要なので、闘牛やフラメンコなどのスペインカルチャーとイスラムの名残が共存する南部アンダルシア地方を訪れるのもひとつの手。ヨーロッパの主要都市乗換えでマラガからスペイン入りすると楽だとか。

出典: アンダルシア地方 [スペイン] All About

古代ローマの町並みがそこに。イタリアのポンペイ

火山の噴火で1700年間灰に埋もれていたポンペイの町の遺跡は、古代ローマの町並みや暮らしを垣間見ることができる貴重な場所。気軽に参加できるナポリからのツアーのほか、同地から鉄道でも40分ほどでアクセスできるそう。

出典: ポンペイ/イタリア [世界遺産] All About