そもそも、慰謝料って何?

知っているようで知らない離婚の「慰謝料」の基礎知識

離婚の慰謝料の定義は「婚姻破綻を作った配偶者に対して、他方より請求される精神的苦痛への代価」。つまり、離婚の際に、精神的苦痛を被ったパートナーが、離婚の原因を作ったパートナーから、その代償として請求できるお金のことです。

出典: 愛とお金の終着点「慰謝料」 [離婚] All About

どんな時にもらえる?取られる?

知っておこう!離婚で慰謝料が発生するのはこんなパターン

慰謝料が認められる離婚事由の例には、「配偶者の浮気や不倫」「配偶者からの肉体的・精神的暴力(DV・モラハラ)」「 生活費を渡さない」「家にほとんど帰ってこない」「通常の性交渉の拒否(セックスレス)」などがあります。

出典: 慰謝料の相場はいくら? [離婚] All About

不倫、DV、モラハラなどの慰謝料の相場は?

気になる離婚の慰謝料の相場は?どうやって決まるの?

離婚の慰謝料は、離婚原因や相手の支払能力等の状態によって決まります。相場は以下のとおり。不貞:100~500万円、精神的虐待・暴力(モラハラ・DV):50~500万円。悪意の遺棄(夫婦生活の維持に協力しないこと):50~300万円。

出典: 離婚の慰謝料ってどのくらいが相場なの? [離婚] All About

どうやったらもらえるの?手続きは?

協議離婚に口約束はNG!正しい離婚手続きの基礎知識

話し合いによる離婚(協議離婚)の場合、慰謝料などについては「公正証書」か「念書」を作成しておくと、支払われなかった場合に法的に対処しやすくなります。折り合いがつかなかった場合は家裁による調停、それでもまとまらなければ離婚裁判となります。

出典: 正しい手続きが、しあわせへの鍵。 口約束じゃダメ!離婚の手続き。 [離婚] All About

慰謝料をたくさんもらうコツは?

感情的になるのはNG!離婚の金銭交渉術

協議離婚の際に慰謝料や養育費の交渉を成功させるコツは、「嫌々」ではなく「気持ちよく」支払ってもらうこと。感情むき出しではなく、相手を褒めて持ち上げたほうが、相手の気持ちも和らぎ交渉もスムーズに運ぶでしょう。

出典: 離婚慰謝料と養育費をしっかりもらうコツ [離婚] All About

慰謝料がもらいないケースは?

知って損なし!離婚で慰謝料がもらえないのはこんなケース

慰謝料がもらえない離婚事由のケースは、「性格の不一致」「有責責任の行為が双方にある」「家族との関係がよくないことから離婚に至った」「夫婦関係が破綻してからの不貞行為」です。また、慰謝料は、離婚成立から3年、財産分与は2年で時効になります。

出典: 慰謝料や養育費がもらえない離婚のケースとは? [離婚] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項