そもそもスロージューサーってナニ?

一般的なジューサー「高速遠心分離式」は、1分間あたり1万~2万回転という高速で食材を砕いて汁を絞るのに対し、このスロージューサーは「石臼式低速圧縮絞り」と言い、1分間あたり32回転という低速回転で、石臼のようにゆっくり食材の汁を絞るのが大きな違いです。

リンク: 話題のスロージューサー シャープ・ジュースプレッソ [ミキサー・ジューサー] All About

スロージューサーは果物や野菜を細かく砕いて濾しながら水分を絞ってジュースをつくるマシン“ジューサー”の一ジャンルで、その名の通り“スロー”な駆動が特徴。ゆっくりと絞るメリットには以下のようなものがあります。

低速回転のメリットは、栄養素が壊れにくいこと。実際に栄養素を計測すると、リンゴの場合ポリフェノールが約47%、オレンジの場合ビタミンCの残存量が約20%多いとのこと。

リンク: 話題のスロージューサー シャープ・ジュースプレッソ [ミキサー・ジューサー] All About

高速回転ではたくさんの空気が混入するのに対し、低速回転は空気の混入が少なめ。そのおかげで、栄養素を多く保つことができるそうです。

従来のジューサーでは投入できなかった硬い食材が絞れるのも長所。

リンク: 話題のスロージューサー シャープ・ジュースプレッソ [ミキサー・ジューサー] All About

たとえば、ショウガの絞り汁もラクに作れちゃいます。絞りカスは薬味としても活用可能!

スロージューサーの主要4機種と特徴

チェックしておきたいスロージューサーはコレ

国内外のメーカーが参入しているスロージューサー市場。シャープ、パナソニック、ヒューロム、T-falら国内外の主要メーカーから発売されている4商品の特徴を見てみましょう。

出典: 2015年ブームの兆し!気になるスロージューサー [ミキサー・ジューサー] All About

で、スロージューサーでなにができる?

スロージューサーの代名詞とも言えるのが、海外セレブにも人気の「コールドプレスジュース」。日本でも専門店が数多くオープンしていますが、スロージューサーがあれば自宅で好きなときに作れちゃいます。

コールドプレスジュースは、「低速低温圧搾法」の製法で作られたジュースのこと。通常のスムージーと比べ、低速回転式のジューサーでゆっくりとプレスすることから、摩擦熱が発生せず、食材本来のビタミンや酵素をそのまま摂ることが出来ると言われています。

リンク: 自宅で簡単!コールドプレスジュースの作り方 [美容食・インナービューティー] All About

2014年ごろから、日本でも専門店が続々とオープンしているそうです。

スロージューサーで“食べる”レシピも大充実

各メーカーの商品サイトではスロージューサーを利用したときに出る“絞りカス”などを活用したレシピも複数紹介。飲むだけでなく、食べるにも活用できるわけですね。

「ヘルシオ ジュースプレッソ」レシピページ

シャープのスロージューサー「ヘルシオ ジュースプレッソ」のオフィシャルサイトです。低速圧縮だから、素材のおいしさと栄養そのままに。

出典: 絞った後のせんい質を使ったレシピ|ヘルシオ ジュースプレッソ:シャープ

「HUROM スロージューサー」レシピページ

こちらのサイトでも搾りかすレシピを紹介。ジャムの作りかたもあります。

出典: ニュース | Hurom Japan

「ビタミンサーバー」レシピページ

料理愛好家で知られる平野レミさんとコラボしたレシピページを展開。カレーにポタージュ、おいしそうな料理が揃っています。

出典: remy's eyes レミ流おもてなしレシピ | Panasonic Cooking | Panasonic

「インフィニープレス レボリューション」レシピページ

ジュースのレシピと、そのジュースから出る絞りかすから作れる料理を紹介。食材を有効活用したい人はぜひチェック。

出典: ティファール スロージューサー インフィニープレス レボリューション | レシピ | 調理家電 | CLUB T-fal