異国情緒あふれるカフェメニュー

からだポカポカ。「広東風おしるこ」

ゴマやアーモンド、くるみ、ピーナッツなどの温かい広東風のお汁粉は、なかなか日本では食べる機会のないものなのでぜひトライをしてみて。体を冷やさないデザートがなんとも中華らしい発想です。

出典: 休憩ならここ! 地元の人気スイーツ店/シンガポール [シンガポール] All About

韓国のかき氷「パッピンス」

練乳やフルーツ、シロップなどが乗った韓国風かき氷「パッピンス」は、ぐしゃぐしゃっとかき混ぜてから食べるのが地元の人の食べ方。旅行の際にはぜひこの食べ方で。

出典: マンゴーのパッピンス [クッキングスクールの人気レシピ] All About

朝食以外にも食べたくなる。「カヤトースト」

シンガポールローカルの定番朝食メニューのひとつであるカヤトーストは、おやつの時間にも食べたくなる一品。濃いコーヒーと一緒に食べるとカヤジャム(ココナッツジャム)の甘さがより際立って美味。

出典: ローカル式朝ごはん、カヤトースト/シンガポール [グルメ・各国料理(海外)] All About

ニオイに耐えて味わえるか「ドリアンスイーツ」

くさいことで有名なドリアンですが、シンガポールやマレーシアなどでは、とにかく大人気。ドリアンを使ったスイーツもバラエティに富んでいるので、気になる方はぜひ。フルーツそのものよりも挑戦しやすいはずです。

出典: 必食?ドリアンづくしのスイーツ店/シンガポール [シンガポール] All About

ベトナムの濃厚プリン「バインフラン」

普通のプリンと思って食べるとその濃厚な味わいに驚くベトナムのプリンは、上からキャラメルソースをたっぷりかけて食べるのが定番だとか。小ぶりなのでぺロリと食べられそう。

出典: ハマる!ベトナムのスイーツ、バインフランとチェー [ホーチミン] All About

暑気あたりにもおすすめの「グラスゼリー」

中華圏のデザートの代表格・仙草のゼリー「グラスゼリー」は、甘い果物と組み合わせたものやシロップをかけたものなどが定番。これを食べると夏の暑さで体調を崩さないとも言われています。

出典: Ah Chew Dessertsのほどよい甘さがクセになるデザート [シンガポール] All About

この甘さが癖になる!マレーシアの「テタレ」

マレーシアのミルクティーこと「テタレ」はコンデンスミルクたっぷりの激甘紅茶ですが、なぜかこの甘さにハマる人続出の不思議なドリンク。カフェやフードコートなどの定番メニューのひとつ。

出典: マレーシアのおやつ・ドリンク [マレーシア] All About

モチモチの食感が楽しい「タピオカミルクティー」

あっという間に人気に火がつき、いまやアジア各国でお目にかかれるタピオカミルクティーは、大きなタピオカのモチモチ感が楽しい。砂糖の量を調整できるお店もあるので、好みに合わせてカスタマイズしてみては。

出典: 春水堂のタピオカミルクティー [中国茶] All About

やっぱり本場は違う、と唸る「ベトナムコーヒー」

特製フィルターで淹れるベトナムコーヒーは、本場ならではの特別な味わい。じっくり時間をかけて抽出するそうなので、ベトナムならではのゆっくりした時間の流れを感じながらぜひ味わいたい一品。

出典: ベトナムコーヒー進化中!ホーチミンの厳選カフェ3店 [ホーチミン] All About

ほんのりすっぱい「ライムジュース」

東南アジアでよく飲まれているライムジュース。ライムと聞くとすっぱい味を連想しがちですが、こちらはどちらかというと甘さが勝っている印象。でも常夏の気候では、このくらいの味がちょうどいいのです。

出典: ドリンクを味わう | ディスカバーシンガポール