1. 今日のムダづかいにクヨクヨしない

1日単位より「年単位」でお金を管理

「生活費は1日1000円」などと決めてしまうと、オーバーした時に自己嫌悪に陥ります。そんな時は、少し視点を変えて、生活資金を年単位で計算してみましょう。キチンと支出を把握するためのコツもお届けします。

出典: 老後の家計は年間で管理しよう [定年・退職のお金] All About

2. 割り勘できる友人を大切に

友人・子ども・孫……金銭面で気を遣わない関係を築く努力を

退職後は、徐々に生活を縮小していくことが大切です。ムダな物は増やさない、子どもや孫への援助はほどほどに…などの対策でムリなく節約を。また、孤独になりがちな老後は「割り勘にしよう」と気軽に言える友人の存在はとても大切です。

出典: 老後は収入減…それでも毎日を楽しく過ごせる発想4つ [定年・退職のお金] All About

3. 健康寿命を延ばす努力をする

健康的で自立した生活は豊かな生活の根源

退職後の自由な生活は「セカンドライフ」。誰かの手助けや介護になった後の生活は「サードライフ」と呼ばれているのをご存知でしょうか? サードライフの平均は、男性が約9年、女性が約13年。健康でいられる時間をできるだけ伸ばしたいものです。

出典: 老後の不安を軽くする3つの考え方 [定年・退職のお金] All About

4. 思い切って住みたかった町へ

環境が良く、物価の安い町を探すのもアリ

バリバリ働いてきた分、老後は都会の喧騒から離れて暮らしたいと考える方もいるのでは? 物価や住民税の安い町に移住する、思い切って物価の安い国でセカンドライフを送る…と、その選択肢は様々。移住前に慎重にチェックすべきポイントもあります。

出典: 老後に移住するとしたら重視したい住環境 [別荘・リゾートマンション] All About

5. 楽しいことにお金を使う

節約が生活の目的になると、毎日が無味乾燥に

悠々自適な老後のはずが、お金を使うと罪悪感と不安を感じる日々…。お金を節約すること自体が目的になると、支出を削ることばかりに目が向くようになってしまい「楽しい時間を過ごす」という部分が抜け落ちてしまうこともあります。

出典: 貯蓄の目的は「楽しい時間を過ごすこと」! [家計管理特集] All About

6.「おひとりさま」だって楽しめる

パートナーがいることが必ずしも幸せとは限らない

独身の方、離婚した方、パートナーに先立たれた方は、今後を思って不安になった経験はありませんか。パートナーがいることは、必ずしも幸せとイコールではありません。シングルだからこそ、家族という形態に頼らず、自由に楽しむことだってできるのです。

出典: 2/3 結婚すれば孤独死から救われる? [婚活・お見合い] All About

7. お金のかからない趣味を発掘

スポーツ・音楽・囲碁・将棋……なんでもとりあえず試してみる

学生時代、運動部や、吹奏楽部、囲碁部や映画部などに入り、打ち込んでいた方も多いのでは? 昔やっていた活動を、老後にじっくりと楽しんでみるのも楽しいものです。あまりお金もかからず、友人とのネットワークも築けるので、生きがいにつながります。

出典: 部活動を通して老後まで楽しめる一生モノの趣味を作るのは、人生を豊かに過ごすヒケツ | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項