1.健康保険の見直し

保険料の負担を抑えて最大限のメリットを得る方法

退職したら、国民健康保険に切り替えるのと、これまでの健康保険組合に加入し続けるのは、どちらがお得だと思いますか? おすすめは「とりあえず1年間は、現行の保険への加入を継続」。退職後20日以内の決定がマストです。

出典: 定年退職後の健康保険はとりあえずこれ! [定年・退職のお金] All About

2.払う税金を試算

毎月の家計に組み込むべき税金、いったいいくら?

働いていたころには特に意識せずに納付してきた税金。定年後は、自分で納めていく必要があります。税金や社会保険料は「非消費支出」と呼ばれますが、老後の支出の約10%を占めているそう。

出典: 老後にかかる税金や社会保険料 [定年・退職のお金] All About

3.なんとなく年金受給はNG!

働き続けたい人は、失業給付金を受け取るという選択肢も

60歳の定年後も仕事をしたいと考えていますか? その場合、年金か雇用保険の失業給付金、どちらか1つを選択しなければいけません。年金と雇用保険で、受けとる金額にどれほどの差がでるのかをレクチャーします。

出典: 年金と雇用保険、どちらがお得? [定年・退職のお金] All About

4.親、配偶者、自分自身の介護費用を考える

家族が要介護と認定された!在宅介護でかかるお金は?

介護費用は膨らむ一方。国は、介護費用の負担を抑えるために「施設から在宅へ」の政策をとっています。介護施設、高齢者向け住宅は家計の大きな負担になりますから、今後はギリギリまで公的介護保険を利用して在宅介護を選択するケースが増加するでしょう。

出典: 在宅介護、費用はいくらかかる? [定年・退職のお金] All About

おひとりさまの介護負担は計1300万円!?

おひとりさま、特に親と同居している人は、親の介護費用を負担する可能性も。もちろん自分自身の介護費用も考えておかなければいけません。女性より生涯独身率の高い男性で、定年まで会社員として勤め上げたケースで費用の総額を試算してみました。

出典: 親の分も含めて1300万円!?おひとりさま老後の介護費用 [定年・退職のお金] All About

5.定年後も働き続け、収入も居場所も確保

仕事を続けることで心身の健康もキープ

働く年金世代が増加中。60歳の定年後はお金も行く場所もない……。そう悲観する前に、継続雇用などで働き続けることも検討しては? 収入と生活のメリハリを考えると、メリットは大きいかもしれません。

出典: 生涯現役!? 年金世代が働くメリット3つ [定年・退職のお金] All About

6.退職金の一部は手堅く運用

低リスク・低リターンでも着実に増やす方法を探る

100歳まで長生きすることも珍しくないからこそ、退職金は、大切に使っていきたいもの。さらに、そのまま取り崩すのではなく、ひと工夫しながら使うことが、老後生活を幸せなものにするカギなのです。

出典: “老後ビンボー”を防ぐには退職金の運用が決め手 [定年・退職のお金] All About

7.孤立への対策をとる

貧困よりも恐ろしい「孤立老人」にならないために

年をとるということは、これまでできていたことが、ゆっくりとできなくなっていくこと。どんなに気丈な人でも、誰かの見守りは欠かせません。孤立状態は、人の心を疲れさせ、むしばんでいきます。孤立しないためにやっておくべきこととは?

出典: 豊かな「おひとりさま老後」のためにすべき2つの対策 [定年・退職のお金] All About