常識1:芸能人でも兵役の義務がある

韓国には徴兵制があり、成人男性は一部の免除者を除いてその義務を果たす必要があり、芸能人と言えども例外はありません。最短で21ヶ月の兵役期間は芸能活動において正直痛手ですが、一方で兵役の経験がその後にキャリアにプラスに働くこともあるんだとか。

出典: 兵役が韓国ドラマに与える影響は? [韓国ドラマ] All About

常識2:“韓流スター”と“韓国俳優”は違う

ぺ・ヨンジュン、チェ・ジウ、イ・ビョンホン、チャン・グンソクなど、日本でも多くのファンを持つ“韓流スター”たち。なぜ彼らは韓流俳優ではなく、スターと呼ばれるのでしょうか? そこにはちゃんとした理由があります。

出典: ”韓流スター”と”韓国俳優”の違い [韓国ドラマ] All About

常識3:韓国ドラマは100話超えが普通

日本のテレビドラマ、大河ドラマや朝ドラを除けば、ほとんどが10数話で完結します。しかし韓国ドラマの場合は、その約10倍の話数を費やすのが一般的。なかには200話を超える大作もあるほどです。その理由は、本国での放送形態にありました。

出典: 韓国ドラマは100話超えが普通、200話を超える大作も [韓国ドラマ] All About

常識4:子役の需要が日本よりも遥かに高い

じつは韓国は名子役の宝庫。日本でも人気を博したチャン・グンソクも子役出身でした。子役の人材が豊富なのには、もちろん理由があります。育成の背景と合わせてご紹介しましょう。

出典: 芦田愛菜、鈴木福級がわんさか?韓国ドラマの子役事情 [韓国ドラマ] All About

常識5:整形のカミングアウトは珍しくない

100人に1人は整形をしているという統計もあるという、整形大国の韓国。見た目がウリの芸能界でも、当然多くの人が整形を行っているようです。そしておもしろいのは、整形したことを隠すどころか、カミングアウトする例も少なくないところ。一方で、整形手術の弊害が問題視されている実情もあります。

出典: カミングアウトもあたりまえ!? 韓国芸能界の整形事情 [韓国ドラマ] All About