<1>小・中学生が被害に遭う場所ワースト5は?

まずは険な場所を知ること。警戒心をアップし、その場所には近づかないのが鉄則です。

出典: 小・中学生が被害に遭う場所ワースト5 [防犯] All About

<2>安全な街かどうかを見極めるチェックポイント

我が子を守るためには少しでも安全な場所に住みたいものです。犯罪の少ない街を見極める方法があります。

出典: 子どもに安全な街選び(1)チェック法編 [住みたい街 首都圏] All About

<3>保存版!子どもを犯罪から守る基本7カ条

第1条 「気をつけて」の中身をしっかり伝えよ! 第2条 「子どもの個人情報」を守れ! 第3条…

出典: 親必見! 子どもを犯罪から守る7カ条 [防犯] All About

<4>防犯の基本「いかのおすし」って?

子どもがひとりで行動するときに気をつけたいポイントをどう伝えればいいか。近年、「いかのおすし」を指導している学校も多いようです。

出典: 不審者から子どもを守るために親ができること [子育て] All About

<5>つい油断してしまう「ちょっと」に要注意!

「ちょっと来てください」「ちょっといいですか」そう声かけされたら大人でもハッとします。「ちょっと」の中身は「ちょっとではない」ということを知っておきたいですね。

出典: 子どもの防犯「ちょっと来いに油断すな!」 [防犯] All About

<6>不審者が子どもを“選ぶ”ときの条件とは…?

不審者は連れ去りやすい子どもを選んでいるので、連れ去り事件は一瞬で起きます。過去の事件から学びましょう。

出典: 和歌山男児刺殺事件の容疑者を逮捕。犯罪者の心の闇を究明したら犯罪は減るのか? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

<7>「安全な学校」の条件って?

もはや子どもが学校にいても安心できない!学校の危機管理意識や安全管理が問われる時代です。

出典: 子どもたちの安全をどう守るか? 「安全な学校」の条件 [防犯] All About

<8>なぜ教師の性犯罪が後を絶たないのか?

「教師を見たらロリコンと思え!」とは言い過ぎですが、事件が多いのも事実。先生だからといって気は抜けません。

出典: なぜ教師の性犯罪が後を絶たないのか? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

<9>「車に気をつけて」じゃダメ!ではどう伝える?

子どもの連れ去りに使われることの多い自動車。「車に注意して」が口癖でも、その真意は子どもに届いていないかもしれません。

出典: 子どもに伝える「車で連れ去り」注意のしかた [防犯] All About

<10>しっかりした子ほど危ない!留守番の危険ポイント

玄関ドアは自宅という安全な場所と外部の危険をつなぐ最後の砦。「業者らしきかっこうをした人」「制服のようなものを着た人」に騙されないようにどう対策すればよいでしょうか。

出典: 夏休み!子どもの留守番注意報 [防犯] All About

<11>子どもに性犯罪を教えるならこの「絵本」

「いやな目に合いそうになった場合、どうやって逃げるか」「いやな目に合ってしまったら、どうすればいいのか」を絵本が教えてくれます。

出典: 子どもに性犯罪をどう教えるか [幼稚園] All About

<12>子どもを非行に走らせない! ママの心がけ

加害者にも被害者にもしたくない!そう願うなら、小さいころからしっかりとした「思考スタイル」を伝授してあげたいですね。

出典: 子供を非行に走らせない! 2歳からできるママの心がけ [子育て] All About