理由1.頬やあごのラインがたるむ

まず問題となるのが、スマホを操作しているときの姿勢。下向きの姿勢を長時間取ると、顔の皮膚が引っ張られて下がってしまい、おもに頬やあごのラインをたるませてしまうのです。

出典: 今月の特集 『 “スマホたるみ”が急増中!? 』 | 顔のたるみ研究所

理由2.首のシワが深くなる

スマホの影響は、年齢が出やすいといわれる首にも及びます。首の皮膚は顔よりも薄く、デリケート。長時間うつむいた姿勢でいることで、くっきりとしたシワが首に刻まれてしまうのです。

出典: 一度出来たら消すのは不可能!?首のシワの原因と対策 [ボディケア] All About

理由3.顔の湿疹などのトラブルを招くことも

皮膚科医によれば、スマホの画面を見るために首を深く折り曲げているとシワが深くなるだけでなく、首にうっ血が起こって顔の湿疹につながる可能性もあるそうです。

出典: スマホの普及で顔の湿疹が増えた?【アトピー発症機序理論5】 - 日経トレンディネット

理由4.目元にシワやクマができる

さらに、眼精疲労によって目への血流が減ると、酸素や栄養分が届かなくなり、目の周囲の皮膚にシワやクマが生じやすくなります。

出典: スマホを長時間使用すると「老け顔」に! | 病気もどき注意報! | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

理由5.良質な睡眠を妨げる

良質な睡眠は、美肌作りには欠かせないもの。しかし、スマホの画面から発せられるブルーライトは、睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニンの分泌を減らすため、眠る直前までスマホを見ていると、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりします。

出典: スマホは危険!? ブルーライトの睡眠への影響と対策 [不眠・睡眠障害] All About

いかがでしたか? 老けた印象につながる肌トラブルを招かないようにするには、長時間画面を見すぎない、見る時は姿勢に気をつける、眠る直前には見ないようにするなど、スマホとうまく付き合う工夫が必要ですね。