【STEP1:知る】「夏休み明け」にいったい何が起こっているのか?

18歳以下の自殺、42年間で最多は「9月1日」

18歳以下の自殺人数を日付別に分析したところ、9月1日が突出して多く、夏休みなど長期休暇が明けた時期に集中していることが内閣府の調査でわかっています。

出典: 18歳以下の自殺、42年分を集計したら、最も多かった日付は...

登園をしぶる幼児たち

夏休み明けに登園をいやがる園児。考えられる原因は…?

出典: 実例:夏休み明けの登園しぶり [幼稚園] All About

大人だけではない! 増加する子どものうつ

小学校の1~2クラスに1人の割合でうつ病を持つ子どもがいるという研究も。見逃されがちな子どものうつ病の特徴とは?

出典: 大人だけではない? 増加する子どものうつ [子育て事情] All About

子どもの心を破壊する…怖すぎる現代のいじめ

親世代とはまったく違う現代のいじめは、陰湿かつ悪質。暴力行為は伴わないが確実に子どもの心を壊していくいじめ、暴力行為を伴い「犯罪」と呼べる典型的ないじめの2つのパターンに分けて、現代のいじめの特徴をご紹介。

出典: 子どもの心を確実に壊していく…現代のいじめの特徴 [いじめ問題・対策] All About

「朝起きるのがつらそう」なら病気かも…

夜に寝つけられず、朝起きるのがつらいという症状があるようなら、体内時計が壊れてしまったのかもしれません。休み明けに多い「睡眠相後退症候群」とは?

出典: 休み明けに多い「睡眠相後退症候群」とは? [不眠・睡眠障害] All About

【STEP2:探る】さりげなく話を聞く方法は?様子の観察方法は?

思いつめている子どもへの接し方、これが基本!

ちょっと元気がなかったり、思い詰めているような様子のときは、最悪の結果を防ぐために、まずは話を聞くこと。ではどうやって?

出典: 夏休み明けは要注意!子供を自殺から守る親の関わり方 [子育て] All About

「学校どうだった?」と子どもに聞いてはいけない

学校ではうまくやっているか、と気になっていろいろ聞いてみても、明確な答えが返ってこない……。もしかして、「きょう学校どうだった?」と子どもに聞いていませんか?

出典: 「学校どうだった?」と子どもに聞いてはいけないワケ [小学校] All About

親に隠す子の深刻な悩みを察知する方法

子どもは深刻な悩みであればあるほど、親に隠そうとする子どももいます。親子で率直に悩みを話し合うにはどうしたらいいのでしょうか?

出典: 子どもの深刻な悩みを察知する方法 [子供のしつけ] All About

【STEP3:行動する】子どもや周囲に何をどう伝えるか?

わが子がいじめにあったら伝えたい言葉5つ

いじめられ、戸惑いと悲しみと怒りの中に突然つき落とされ、精神的に大きなダメージを受けている我が子に、親は何をどう接すればいいのでしょうか。

出典: わが子がいじめにあったら伝えたい言葉5つ [小学校] All About

自殺や殺人を防ぐ!「命を大切にできる子」に育てる方法

「かけがえのない命」それが昨今の子どもたちの間で、簡単に失われ、奪われるような事件が多く起こっています。「命を大切にできる子」に育てたいものですね。

出典: 自殺や殺人を防ぐ!「命を大切にできる子」の育て方 [子育て] All About

子どもがいじめにあっていることが分かったら、学校にどう伝える?

子供がいじめられていることがわかったら、とても驚き悲しくなるはず。すぐにでも学校に乗り込んでいきたくなるかもしれませんが、まずは冷静に。どのように対処するかを考えます。

出典: 子供がいじめられているということに気づいたら [いじめ問題・対策] All About

【メッセージ】危機の中にある親子へのメッセージ

夏休み明けに登校できなくなった高校生の私を救ってくれた母の言葉
ティーンの子どものために仕事を辞める欧米の母たち

「3歳児神話」が浸透している日本とはちがい、成長するごとに手をかけるべきだと考えるのが欧米流。10代の子どもたちの悩みはより複雑で深刻だからなのでしょうね。

出典: 英米人の母がティーンの子どものために仕事を辞めるわけ | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

いじめられているあなたへ~医師からのメッセージ~

いじめによって、悔しくて悲しいだけではなくて、絶望感もあって復讐目的での自殺を考えているあなたにささやかな提案です。

出典: いじめられて自殺を考えているあなたへ。「復讐が動機」でもいいから生きて | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

All About 公式Facebookページに「いいね!」しよう

毎日10本以上の厳選記事をご紹介

All Aboutの公式Facebookページでは16万本以上の記事の中から、毎日の生活に役立つ便利テクニックや話題のトピックスをお届け中。「いいね!」がまだの人はぜひこちらをクリック!

出典: All About