酸いも甘いも体験できる旅行記

「旅の理不尽 アジア悶絶篇」 著:宮田珠己

アジアを周遊する宮田珠己さんが、お気楽旅を面白く綴った一冊。伝わってくるのはアジア旅行の楽しさだけではありません。独特の文体で描かれた旅の苦い経験や失敗談は、どれも興味深く、「良くも悪くもアジア」ということを思い知らせてくれます

出典: Amazon.co.jp: 旅の理不尽 アジア悶絶編 (ちくま文庫): 宮田 珠己: 本

「インド旅行記」 著:中谷美紀

東西南北と一人でインドを渡り歩いた、女優中谷美紀さんの紀行文。三冊で構成されています。一人でアジア旅行を計画されている女性におすすめです。

出典: Amazon.co.jp: インド旅行記〈1〉北インド編 (幻冬舎文庫): 中谷 美紀: 本

「週末ベトナムでちょっと一服」 著:下川裕治

アジアを渡り歩く下川裕治さんが、今回はベトナムでローカルな生活をおくっています。これを読めば、東南アジアの風景が頭に浮かぶことでしょう。ベトナムに行きたくなるかもしれません。

出典: Amazon.co.jp: 週末ベトナムでちょっと一服 (朝日文庫): 下川裕治, 阿部稔哉: 本

「ふたたびの旅。―大人の週末バックパック」 著:グレゴリ青山

一度訪れたアジアの国々を再訪し、そこで感じた変化などを綴る本。バックパッカーのグレゴリ青山さんのお馴染みのユニークな文体は、まるで隣で一緒に旅をしているかのような感覚になります。

出典: Amazon.co.jp: ふたたびの旅。―大人の週末バックパック: グレゴリ青山: 本

「トホホなベトナムのほほんラオス」 著:佐田亜矢

ベトナムとラオスの一人旅を旅行記に収めた一冊。日本では味わえない、素朴でのほほんとした東南アジアらしい時間を期待している方は、まずはこれを読んで気分を盛り上げましょう。

出典: Amazon.co.jp: トホホなベトナムのほほんラオス (ノベル倶楽部): 佐田 亜矢: 本

「深夜特急」 著:沢木耕太郎

バックパッカーの火付け役となった、作家・沢木耕太郎さんの紀行文。香港からアジアを巡り、ロンドンを目的地とした旅本で、文庫本は6冊に分冊されています。アジアでの体験を正直に綴った本は、多くの人から共感を呼び、現在も旅に誘ってくれています。

出典: 深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫) | 沢木 耕太郎 | 本-通販 | Amazon.co.jp

楽しいことだけじゃない?刺激溢れるアジア旅行記

「アジア「裏」旅行」 著:平間康人

世界各国の危険地帯を幾度となく歩く、お馴染み平間康人さんの「裏」旅行、アジア編。本当に怖いアジアのもう一つの顔をうかがうことができます。これを読んだあとは、ぼったくりなんてかわいいものだと思えることでしょう。

出典: Amazon.co.jp: アジア「裏」旅行: 平間 康人: 本

「アジア『罰当たり』旅行 著:丸山ゴンザレス

まるでアジアに潜む危険を自ら探しているかのよう。肉体派ライターがアジアの恐ろしい部分を余すことなく体験した旅行記は、思わず鳥肌が立ってしまうかも。

出典: Amazon.co.jp: アジア『罰当たり』旅行: 丸山 ゴンザレス: 本