喪中はがきの意味と喪中の期間

近親者を亡くした後は、喪に服するという意味で年賀状を出すのを控え、その代わりに年賀欠礼状(喪中はがき)を送る習慣があります。

リンク: 喪中はがきの書き方とマナー [手紙の書き方・文例] All About

どのくらいの期間を喪中というか、どこまでの範囲の親戚が該当するかなど、厳密な決まりはありません。地域によって、宗派によって、また各家庭の事情によって異なります。

リンク: 喪中の意味と服喪期間 [手紙の書き方・文例] All About

一周忌法要までを喪中とする人が多いようです。

リンク: 喪中の意味と服喪期間 [手紙の書き方・文例] All About

喪中はがきのマナー

はがきの種類と送る時期

喪中はがきは、送り先が年賀状の準備をはじめる前、11月中旬〜12月はじめに届くように送るのがマナー。一般的な官製はがきで大丈夫すが、年賀はがきはNGです。縦書き・横書どちらでも問題はありません。

出典: 喪中はがきの書き方とマナー [手紙の書き方・文例] All About

はがきの表、裏面の基本の書き方

喪中はがきの裏面と表面の基本の書き方を紹介します。「年賀」という言葉は使用しない、フォントに注意!など、具体的に教えてくれます。

出典: 喪中はがきのマナーと作成のコツ [手紙の書き方・文例] All About

喪中はがきの文例集

喪中はがきの文例集の紹介です。「近況報告は書かない」など、作成時の注意点も教えてくれます。喪中に選ばない言葉や、逆に書くべき情報なども載っているので、一度確認してみましょう。

出典: 喪中葉書の作成ポイント&文例集 [手紙の書き方・文例] All About