1.ついつい意地を張ってしまう、強がりな性格を見直そう!

「不器用ゆえの意地っ張り」は恋愛の場面では伝わらないことが多い

頭も良くモテてきた女性が、大人の女性になったときに気をつけたいこと。それは、男性の前で肩肘をはらないこと。仕事もできる、料理もできる、忙しい彼の邪魔もしない……だけど恋愛が望まない方向にいってしまう。そんなあなたは、頑張り過ぎているかもしれません。

出典: 3/3 大人の女の強がりは伝わらない [恋愛] All About

2.婚活疲れでイライラするのはイイ男を遠ざける呪い!と心得て

こんなに頑張ってるのに…って、俺には関係ねーし!

結婚に向けて、自分磨きとお見合いパーティーへの参加をがんばるのはいいのですが、職場や友人に「婚活疲れ」によるイライラ&ピリピリを隠しきれず、物欲しそうに「いいな~…(ため息)」を連発してませんか? それが身近なイイ男を遠ざけているかも!

出典: 些細なことでもピリピリ!職場で見せる婚活疲れ [恋愛] All About

3.男心を萎えさせる、ネガティブで長文の自分語りメールを送るのは禁止

男性にガッカリされるのは、独りよがりで返信に困るメール

返事に困るようなネガティブな長文メールを送りつけていませんか? メール等の文面で細かなニュアンスは伝わりづらいもの。なるべくポジティブな内容で、相手が返信するのに負担をかけないように気遣うことが大切です。

出典: 男性が、ガッカリする女性からのメールは? [西郷理恵子の恋愛コラム] All About

4.「ムダモテ」で舞い上がらずに、セルフプロデュースを見直して

好みじゃない人から“ムダにモテる”のは目的と売り方がマッチしてないせい

自分の売りや客観的な魅力を把握できていないから、対象外の相手に言い寄られたり、希望する交際に発展しないのでは? 恋愛市場や結婚市場などの、狙った市場で求められている女性の特性を知って武装しましょう。たとえば、見た目がおっとりしていて(=地味めなファッション)、発言も保守的な(=話があんまり面白くない)女性の場合、いい男を捕まえたいという「恋愛市場」ではパっとしないケースが多いと思われます。したがって、「ビジュアル面の向上」と「センスのいいトーク力を磨く」という2点をガッチリと強化すべき。

出典: なぜか恋愛で失敗を繰り返す人の3つの特徴 [山口佐知子の恋愛コラム] All About

5.そして何よりもコレ! 簡単にセックスせず、自分を大切にする!!

焦りから体の関係を持ってしまうのは、自分自身を傷つけるだけ!

とりあえず脱いで男性の気持ちを振り向かせようと考えるのは大間違い! 男性は簡単にヤラせてくれた女性に、早々に興味を失う傾向があります。男性特有の狩りの欲望=狩猟本能が満たされますから。体の関係の直後、交際に乗り気でない男性は「またセックスしたきゃ連絡しようかな」程度の気持ちです。つまり、あなたを都合のいい女として扱い始める可能性もあるんです。

出典: そのセックスで、「ホントの愛」感じてますか? [植草美幸の恋愛コラム] All About