やる気が出ない理由とは?

人がやる気をなくす典型的なケースは、失敗体験が重なる場合です。勉強したのに50点しかとれなかったとしたら、誰でもがっかりします。こうした「がっかり体験」の積み重ねが、やる気のなさにつながり、強いては、勉強しても長続きしない、いわば「根気がない」状態につながります。

リンク: 3日坊主がやめられる「根気」を身につけるには? [学習・勉強法] All About

まずは向き合うこと

「現実逃避」と向き合う

現実逃避は、心の健康を維持するために起こす自然な現象。そこから「やるべきこと」に気持ちを向ける効果的な切り替え法をお教えします。

出典: テスト直前に「現実逃避」にハマってしまう心理とは? [ストレス] All About

失敗体験と向き合って成功体験に変換する

「勉強したくない」気持ちの一因に「やっても成果が見えない」ことが挙げられます。そこで必要になってくるのが「成功体験の積み重ね」。小さなことでいいので、まずは「できること」を探してみましょう。

出典: 3日坊主がやめられる「根気」を身につけるには? [学習・勉強法] All About

「勉強したくない」と言う子どもにできること

具体的に誉める・具体的な行動を目標にする

前向きな気持ちを持たせるために大切なのは、「具体性」を持たせること。目標をより具体的に立て、それができたら具体的にほめてあげることで「今、何をすればいいのか」が明確に理解できるようになります。

出典: ほめることで子どもを伸ばす親がやっていること [高校受験] All About

秘訣は自信をつけること

子どものやる気を引き出すには「自分はできるんだ!」という自信を持たせてあげること。「自分はダメなんだ」という意識になると、勉強への興味を失ってしまうこともあります。

出典: 勉強(宿題)しない子への対応 [学習・勉強法] All About

時間に余裕があるなら、子ども部屋の「かたつけ」を一緒にする

簡単なミスは、自分の部屋の「かたつけ」がしっかりできないから。自信をなくすことにもつながります。そこで、親子で一緒に「かたつけ」をする方法をご紹介します。ミスをなくして勉強効率アップを目指そう。

出典: 学習効果が倍増!親子で子ども部屋の「かたつけ」作業 [高校受験] All About

「勉強しなさい」「ゲームはダメ」は逆効果

「勉強しなさい」と親に言われても、たいていの子は、ふてくされるか、あるいは勉強するとしてもしぶしぶやるだけです。

リンク: ほめることで子どもを伸ばす親がやっていること [高校受験] All About

お子さんにとっては「勉強は親に強制されてやる嫌なもの」と感じてしまうかも。

リンク: 勉強(宿題)しない子への対応 [学習・勉強法] All About

難関中学に合格したお子さんたちは、異口同音に「親から勉強しなさいと言われたことがない」と話します。

リンク: 勉強(宿題)しない子への対応 [学習・勉強法] All About

ゲームはルールを決めて勉強の味方にする

ゲームは勉強の敵ではありません。ルールを決めて上手に使うことで、受験勉強の味方になってくれるでしょう。そんなルールの決め方をご紹介します。

出典: ゲームを受験生の敵にしないための3つの条件 [高校受験] All About